グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報  > コンピュータ応用学科  > 高橋 宏 教授

高橋 宏 教授

[研究テーマ]
安全・安心に運転できる車のための要素技術研究

[取得学位]
工学(博士)


高齢者でも安全・安心に運転できる車の要素技術研究

自動車の運転中に、ドライバーが毎回「危ないですよ!」と安全運転支援装置から注意・警告されたら、わずらわしい。そこで、視覚的・聴覚的にわずらわしくなく注意誘導を行う「アンビエントな注意誘導手法」を研究しています。さりげなく、でも、しっかりと空間的・時間的に危険な場所を伝える技術です。

主な研究業績

<主な研究論文>
  1. Hiroshi TAKAHASHI :A Study on Guiding an Attention Direction of a Driver by an Ambient Visual Mark, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.18, No. 6, (2014.11) 875-887. 
  2. Hiroshi TAKAHASHI : Key Technology Analysis for Driver Support Systems in Japan, Journal of Computer Technology and Application (CTA) David Publishing, Vol.4 No.4, (2013.7) 212-222.
  3. 高橋 宏,本多 博彦;聴覚刺激による無意識な操作特性誘導に関する基礎的研究(ビート音による単純計算作業成績制御),日本機械学会論文集C、Vol.79, No.799,(2013)467-478.
  4. Hiroshi TAKAHASHI, Hirohiko HONDA:A Study on the Possibility of Applying Subliminal Visual Cue for Guiding Subject’s Attention , Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.16, No. 1, (2012) 96-107.
  5. Hiroshi TAKAHASHI, Hirohiko HONDA:A Study on the Change of Operation of Driving Video Game Under Ultrasound Exposure , Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.16, No. 1, (2012) 117-123.
  6. 高橋 宏,本多 博彦:運転支援への超音波利用の可能性に関する一考察,電気学会論文誌C,Vol.130, No.9, (2010)1636-1643.
  7. 高橋 宏,本多 博彦:視覚的閾下情報提示による運転者への注意誘導に関する一考察,電気学会論文誌C,Vol.130, No.7, (2010)1151-1158.
  8. 高橋 宏,古塩 大悟,本多 博彦,小松 亜耶,島崎 弘幸;ドライバ操作意図推定による誤操作対応変速システムに関する一考察,日本機械学会論文集C、Vol.76, No.761, (2010)158-166.
  9. Youichi NATORI, Kazuhiko KAWAMOTO, Hiroshi TAKAHASHI and Kaoru HIROTA; Proposed Method for Estimating Traffic Accident Risk Factors Based on Object Tracking and Behavior Prediction Using Particle Filtering,Journal of Mechanical Systems for Transportation and Logistics , Vol. 1 , No. 3 , (2008) 319-330
  10. 伊賀 広章,畠山 豊,薫芳艶,高橋 宏,廣田 薫;ベイジアンネットに基づくドライバモデルを利用した危険度推定システム,日本知能情報ファジィ学会論文誌,Vol.20,No.3,(2008)357-368
  11. Hiroshi TAKAHASHI, Daisuke UKISHIMA, Kazuhiko KAWAMOTO, Kaoru HIROTA; A Study on Predicting Hazard Factors for Safe Driving,,IEEE Transaction on Industrial Electronics, vol. 54, no. 2, April 2007, 781-789.
  12. 高橋 宏,川本 一彦,浮島 大輔,廣田 薫;ドライバへの注意誘導型運転支援に関する一考察-走行路内運転危険要因(ハザード)の推定-,日本機械学会論文集C、Vol.71, No.711, (2005)3223-3230.
  13. Hiroshi TAKAHASHI, Hidekazu NISHIUCHI, Naoko FUKASAWA ;A STUDY ON GENERATING A SURROUNDING MAP USING DATA OBTAINED WITH CAMERAS HAVING DEFFERENT FIELDS OF VIEW,Control in Transportation Systems 2003, IFAC (2004) 83-88

他25件
<著書>
  1. 高橋宏 :ドライバを支援する車の知能化技術 -自動車はこうやって人間と友達になる- ,養賢堂,1-148,東京文京区 (2013.3.15 初版)
  2. 高橋宏 他分担執筆;Electronic Journal別冊 「2008自動車用半導体・センサ技術大全」,株式会社電子ジャーナル(2008.6)34-39.  (1編3章 次世代自動車とカーエレクトロ二クス)
  3. 高橋宏 他分担執筆;Electronic Journal別冊 「2006自動車用半導体・センサ技術大全」,株式会社電子ジャーナル(2006.6)41-45.(1編3章 次世代自動車とカーエレクトロ二クス)
  4. 廣田薫,Adrezej Bargiela,高橋 宏;計算知能におけるFAN入門,日本知能情報ファジィ学会学術図書(2005)207-232.
  5. 高橋宏 他分担執筆;ITS道路交通センシング,電気学会・道路環境センシング専門委員会編,オーム社,(2005)21-25.(2・2・4 ミリ波)
  6. 高橋宏 他分担執筆;インテリジェント技術(材料・構造),インテリジェント構造,日本機械学会編,日刊工業新聞社,(2001)13-18.(2.2 自動車のインテリジェント技術)
  7. 高橋宏 他分担執筆;自動車分野,ファジィとソフトコンピューティングハンドブック,共立出版,(2000)(第3部44.自動車)
  8. 高橋宏 他分担執筆;Automobile applications,Handbook of Fuzzy Computation,Applied physics(1999)
  9. 高橋宏 他分担翻訳;4章 知的車両の群走行のための楕円体学習とファジィスロットル制御,ソフトコンピューティング,海文堂出版(1998)67-92.
  10. 篠原俊朗,高橋宏,押上勝憲;自動車とコンピュータ <自動車の知能化の視点から>,生活の中のコンピュータシリーズ,一ツ橋出版(1998)23-52, 88-105.
  11. 高橋宏 他分担執筆,挑戦:機械の知能化(社)日本機械学会編, 養賢堂(1997)84-92.(3章2 車両への知能適用)
  12. 高橋宏 他分担執筆,林勲,古橋武編著; 第10章 自動車業界におけるファジィ/ニューロ,ソフトコンピューティングシリーズ「ファジィ・ニューラルネット」,朝倉書店,(1996)153-170.
  13. 高橋宏 他分担執筆,Editor Kaoru Hirota, Michio Sugeno;Fuzzy Applications for Automobiles,Industrial Applications of Fuzzy Technology in the world,World Scientific (1995)171-191.
  14. 高橋宏;車両制御への適用,ファジィ応用21のトレンド,日本情報処理開発協会(1993)
  15. 高橋宏 他分担執筆,山川烈監修;定速走行装置への実際的ファジィ適用事例 ,ファジィ応用ハンドブック工業調査会(1991)325-350.
  16. 高橋宏 他分担執筆,廣田薫編著;自動車分野へのファジィ理論適用技術,ファジィ活用事例集,工業調査会,(1990)127-158.


<登録特許>(所有は日産自動車(株))
特許2555184 自動変速機の変速制御装置, 特許2794747 自動変速制御装置 など
全71件(日本国内),28件(アメリカ).

<受賞など>
  1. 日本機械学会 情報・知識・精密機器部門 優秀講演論文賞(1998)
  2. 日本機械学会 フェロー認定 (2005)
  3. 日本知能情報ファジィ学会 著述賞 (2006)
  4. 日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 功績賞 (2010)
  5. 日本機械学会 教育賞(2010)
  6. 日本シミュレーション学会 Outstanding Presentation Award (2014)

趣味

トレッキング、古寺探訪