グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 人間環境学科 保坂教授の研究発表が日経デジタルヘルスに掲載

人間環境学科 保坂教授の研究発表が日経デジタルヘルスに掲載

2014年6月5日~7日、岡山市の岡山コンベンションセンターで開催された「第18回日本医療情報学会春季学術大会」において、本学人間環境学科 保坂良資教授が発表した研究内容が、日経デジタルヘルスの記事に掲載されました。

同大会は、医療情報に関する学術的研鑚、情報交換の場であることを主眼とし、医療従事者をはじめ、多数の企業研究者の幅広い情報交換と知識交流に寄与することを目的に開催されています。主催は一般社団法人 日本医療情報学会。

今回の大会テーマは、「医療情報の共有のかたち-可用性、継続性、将来性の視点から見た医療情報ネットワーク-」。
保坂教授は、920MHz帯のパッシブRFIDタグを使ったリストバンドタグによる患者追跡の実証実験について発表し、検証内容に強い関心が寄せられました。

掲載記事については、こちらよりご覧いただけます。