教育目標

理念と目的

 機械工学科の教育理念・目的は

「もの作り教育」の課程を通して、
「実践的、創造的能力を備えた人間性豊かな技術者を育成すること」

に根幹をおいています。

 現在の工業社会は、コンピュータの普及、電子メディアの急激な発展や各種新素材の出現などにより、人類がこれまで経験したことのないような急激な発展を遂げており、今後もさらに加速されると考えれられます。また、人類の幸福にかかわる環境、エネルギー、福祉など、人と社会を取り巻く多くの問題が発生しています。これらの問題に工学的に対処するには、新たな技術の創成が必要となります。人間の道具である機械を創造する機械工学は、その技術創成のための基盤となる学問体系であり、これを通して人類の幸福に寄与していかなければなりません。

 機械工学は、力学を基礎とした考え方を用いて、機械の開発、設計・製造、材料、生産・加工、制御、エネルギー・環境、知能機械など広い分野の内容を含む学問であり、その範囲は機械・機器の製造から自動車、船舶、航空宇宙、ロボット、プラント・建設、電気・情報機器、医療福祉機器など、あらゆる産業分野におよびます。その意味からも、機械工学は、科学技術の基盤をなす学問と言っっても過言ではありません。しかし、単にひとつの学問体系を習得することでは、現在の技術革新に対応することは不可能であり、これらを総合的にシステム化した、機械工学を習得することが不可欠となっています。

 このように、機械工学の取り扱う範囲はますます拡大の一途をたどっていますが、表面上の発展に目を奪われることなく、これらの発展を支える本質部分日亜する十分な理解がなければ、将来優良な技術を社会に提供することが出来る能力を持つ、機械技術者を育成することは困難であります。また、豊かな創造性を有する機械技術者の育成は、多岐にわたる機械工学の基礎科目の深い理解に基づいて培われるものと考えられます。

 それ故、機械工学科の教育内容においてもこのような考えから、機械工学の基礎教育に重点を置き、基礎科目の本質部分の十分な理解を図ることを第一目標としています。機械工学科では、機械工学の基礎となる教科を中心に、開発、設計、生産・加工、制御と言った「もの作り」のための根幹的な理論と実践を、初期段階から習得させることを目標としています。そして、それらを実践的に発展させるために、工作実習や設計製図、機械実験などの体験科目を多く取り入れた教育課程としています。さらに進んだ段階の目標として、今後の機械工学の目指す方向を「もの作りのシステム化、情報化」と考え、実践的なもの作りの関連技術を習得させ、機械工業はもとより、あらゆる産業を含めた広い分野で活躍しうる実践的機械技術者の育成を目的としています。

 機械工学科での教育は、単なる機械技術者を育成するだけではなく、一連の教育課程を通して「人間として優れ、創造力・実践力を発揮し、積極的かつ主体的に仕事を進め得る実践的機械技術者・研究者」の育成にあります。機械工学科では、この教育目標の達成のため、実習、設計製図、実験などの体験科目や卒業研究を特に重視し、少人数で各課題・研究に当たれるようにしています。この結果、学生相互および学生と教員間の人間的触れ合いを通して人間的練成がはかられます。そして「機械技術を習得するだけでなく、人間性にも優れた機械技術者」を養成することを目指した教育を行なっていきます。