グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 湘南工科大学4つの特徴

湘南工科大学4つの特徴


社会に貢献する技術者を育成します

湘南工科大学は、時代の変化に対応できる技術者を育成するために、特色ある教育内容ときめ細かい支援体制を実践しています。

アクティブラーニング

共通基盤WSから卒業研究に至る学びの形

1年次で履修する科目のうち97%が、グループワークやプレゼンテーションを含む授業。
本学では1・2年次全員必修の「共通基盤ワークショップ(WS)」を中心にアクティブラーニングを推進しています。専門的知識・技術の定着と活用力を育み、自ら学び成長する4年間を仲間とともに過ごします。


教員が一方的に知識を伝達するのではなく、学生が能動的に授業に参加し、実践を繰り返すことで理解を深めながら成長していく学修スタイルです。

学生と教員が一体となり授業を展開

湘南工科大学では、多くの授業でアクティブラーニングを実践しています。実習・演習によるさまざまな体験型授業により、専門知識の定着と活用力の向上を促し、認知力、論理力、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図っています。
講義
教員による知識・理論の解説を聞き、理解を深める
発表
考えをまとめ、プレゼンテーションし、課題を発見する。

実践
実習やグループ活動形式の授業を通し、体験や発見をする
論議
多様な考えに触れながらコミュニケーション能力を高める

コラボレーションルーム

アクティブラーニングをより効果的に実践する

アクティブラーニングをより効果的に実践するために、コラボレーションルームの設置を進めています。ディスカッション、グループワーク、プレゼンテーションといったさまざまな活動形態に対応できるよう、可動式のテーブルや椅子、電子黒板、ホワイトボードを備え、授業によって自由に構成を変えられるようになっています。
また、1号館の「アクティブラーニング・コモンズセンター」では、コンピュータ端末を用いながらチームでプロジェクトに取り組める学修環境により、ディスカッションをしながら作業し、アイデアを創造する力を養うことができます。


共通基盤科目

社会人基礎科目


アットホーム教育

CC制度などで学生生活をサポート

少人数の担任制度(コミュニケーションサークル=CC)があり、履修から進路、生活上の事柄まで気軽に教員に聞いたり、CC内で友だちをつくったりすることができます。CC制度について、2年次生へのアンケートでは、40%が大いに役立った、90%が必要性を感じていると回答。学生一人ひとりを見守り、安心して大学生活を始めやすい環境が整っています。

コミュニケーションサークル制度

修学支援センター

大学の授業を受けるにあたって、高校までの数学や理科の学習範囲や理解レベルに不安を感じている学生を支援するための組織です。しかし、このセンターの役割はそれだけではありません。たとえば初対面の人とうまく話ができない、ほかの学生との協働作業が負担になるなど、さまざまな心配ごとについても、改善のためのフォローを行います。
専門の講師が面談して状況を把握し、授業担当の教員と相談しながら個々の学生に適した環境を整え、学修をスムーズに進められるように手助けをします。

就職支援体制

将来のためのきめ細かい就職サポート体制

キャリア教育を重視し、1年次から4年間を通してキャリア教育関連の授業科目を設けています。
自立に必要な力をつけるとともに、面接・就職試験対策といった、より具体的できめ細かい就職支援を行っています。

就職支援


学びを支える環境

充実したICT環境と多様な専門分野の研究施設

工科系私立大学の中でも有数のICT環境をはじめ、実験・実習が行われる研究施設などが整っています。自由に使えるPC自習室やラウンジ、コンビニやレストランもあり、充実した学生生活を送れる明るい雰囲気のキャンパスです。

ICTを活用した学修支援

授業外の自学自習を進めやすい環境を用意し、学修成果をまとめて可視化することで、学生が自ら確認しながら主体的な学びを進められるように、インターネットを介したさまざまな支援ツールを用意しています。
学修管理システム
Moodle(ムードル)
授業資料の配付、課題の提出および評価、受講者と担当教員および受講者同士のコミュニケーションなどをネット上で行うためのシステムです。多くの授業で活用されていて、授業外学修時間の増加につながっています。
eラーニング 中学・高校レベルの数学や理科から大学レベルのさまざまな科目、さらには就職活動に役立つ一般常識まで、いろいろな内容の課題と解説が用意されていて、Web上で自習することができます。主に、専門科目の授業を受ける前に、数学や理科の基礎を復習しておくために活用されています。
eポートフォリオ 学びと成長を記録し、卒業後の進路選択につなげていくためのシステムです。授業の履修計画と学修成果の自己評価、部活動など授業外の諸活動の記録などを各自で記入します。一方で、各授業での提出物の集積や出欠と成績などが自動的に記録され、それらの状況に対して担当教員が随時コメントを加えます。
出欠情報管理システム
SAMS(サムズ)
各授業の出欠状況をWeb上にアップして、いつでも確認できるようにするシステムです。もちろん授業はすべて出席するべきものですが、何かの事情で欠席してしまうこともあるでしょう。自らの行動を振り返って自己管理する習慣をつけるために、役立ててください。

ページの先頭へ戻る