グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 学生課 > 振り込め詐欺について

振り込め詐欺について


最近、色々な詐欺事件が横行しています。
手口としては、家族・警察官等になりすましたり、ありもしない架空請求をしたり、誘拐偽装で身代金を騙し取るケースや、融資を理由にした融資保険金詐欺などがあります。

特に多いのが、学生の保護者の自宅に電話し、「お子さんが不祥事を起こしたので今すぐ現金が必要だ。」と偽るケースや、学生本人になりすまし、保護者を欺くケースがあります。このような詐欺行為には絶対に騙されることなく、何か疑問があったら必ず保護者へ連絡するか、もしくは、学生課に相談してください。

振り込め詐欺の対策

1. 自分から相手の名前を言わない
2. 相手に説明させて身元を確認する
3. 本人にあらためて確認する
4. 「すぐ振り込め」は、まず警戒
5. 守りはひとつ「すぐ振り込まない」


警察庁からも「振り込め詐欺」への警告と具体的な対策方法を掲載したホームページが用意されています。
詳細は警察庁ホームページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る