グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教務課 > 履修登録について > 単位制について

単位制について


本学における学修は、大学設置基準に基づく単位制が採用されています。
大学を卒業するためには、定められた単位を修得しなければなりません。授業科目および単位数は、教育課程表を参照してください。教育課程表は『学生生活の手引き』に記載されています。

1単位あたりの学修時間の基準は以下のとおりです。

各授業科目の単位数は、授業形態により異なります。
授業形態 学修時間
講義・演習 1時間×15週=15時間
実技・実験・実習 2時間×15週=30時間
※ただし、外国語科目は演習、製図、CAD、TPL、創造デザインコンペ、創造デザイン研究の授業科目は、実習の学修時間数とします。


上記の時間数以外に、授業以外の時間も図書館等を利用するなどして、予習と復習を行い授業に備えるようにしてください。

卒業要件単位数等について

本学に所定の期間在学し、所定の単位を修得した者には、学位(工学士)が授与されます。卒業するためには、次の条件を満たしていなければなりません。
  1. 定められた卒業に必要な単位数を修得していること。
    (注)教職に関する専門科目の単位は、卒業必要単位数には算入されません。
  2. 在学期間が4年以上(8年以内)であること。
    休学の期間は、在学期間に算入されません。
  3. 卒業までに必要な学費及びその他の費用を全額納入していること。

カリキュラムおよび修得単位数について

カリキュラムおよび修得単位数については、学科・学年によって異なります。
必ず「学生生活の手引き(学生便覧)」および「シラバス(講義要綱)」を確認してください。

ページの先頭へ戻る