グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教務課 > 履修登録について > 履修手続きについて

履修手続きについて


履修登録の流れや注意事項などのご案内です。
科目を受講するためには、履修登録が必要です。
履修登録がなされなかった科目では、履修者名簿に氏名が記載されず、たとえ授業を受けて試験に合格してもその授業の単位は認められません。
所定の手続きを確実に行い、自分が考えたとおりの授業履修ができるよう気をつけてください。

1.履修計画を立てる

履修計画の基本は学期ごとにどの科目を履修するかを考えることです。以下のことに注意しながら、計画を立てましょう。
  • 授業によっては履修人数に上限のあるものもあります。この場合、必ずしも希望通りの曜日・コマに希望する授業の履修ができるとは限りません。履修人数制限の方法などについては学期初めのガイダンスで説明がありますので、手違いで履修の機会を失わないよう十分に気をつけてください。
  • 必修科目で履修する年次や学期が指定されているものについては、忘れずに所定の学期に履修するようにしてください。
  • 学期初めの一週間に、授業ガイダンス期間が設定されています。この週の授業では、すべての科目で授業の計画や成績評価の方法などが説明されます。履修を考えている授業のガイダンスを聴き、シラバス(講義要綱)も参考にしながら、その学期で履修する科目を決めましょう。(授業ガイダンス期間は、学年暦で確認してください。)
  • どのような科目を履修したらよいのかわからない時は、CC担当の教員に相談してください。
  • 4年間で卒業しようとする場合、卒業研究・卒業演習の履修要件を考慮すれば、半期で18単位以上修得してゆく必要があります。年次が進んでから単位不足に気づくようなことがないよう注意してください。

2.履修登録をする~Web履修システム~

以下のことに注意し、Web履修登録システムで登録します。(履修登録期間は、学年暦で確認してください。)

Web履修登録システム

履修単位数上限(CAP制)について

1つの学期に履修科目として登録することができる履修単位数上限(CAP制)は、基本的には単位数として24単位と制限されています。

※ただし、学籍番号の開始が「10A」以前の学生は25単位まで履修できます。その場合、Web履修登録システムでは24単位までしか登録できませんので、不足分を履修する場合は、教務課まで申し出てください。

※また、学籍番号の開始が「11A」以降の学生は、学期GPAが3.50以上の場合、当該学期の履修単位数上限を28単位に、学期GPAが3.00~3.50未満の場合は、履修単位数上限を26単位にすることができます。GPA制度の詳細については『学生生活の手引(学生便覧)』を参照してください。

※以下の科目は、この制限から除外されますので、確認してください。
上限値から除外される科目
インターンシップ、社会貢献活動、教職に関する科目や集中講義等の不定期科目
※インターンシップ、社会貢献活動の履修については、担当教員に確認してください。
(担当教員は、時間割表で確認してください。)

「インターンシップ」による単位修得
「社会貢献活動」による単位修得

3.訂正登録をする

履修クラスの変更や、エラーなどにより自分の授業計画通りになっていなかった場合は、自分で履修の修正を行う必要があります。修正期間は履修登録期間と同じ期間です。

履修に関し、授業の詳細を知りたい場合は、学生便覧およびシラバス(講義要綱)で授業の内容を確認してください。
Web履修登録システムの操作方法については、『履修の手引き』を確認してください。

ページの先頭へ戻る