グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 総合デザイン学科 > 赤木 良子 准教授

赤木 良子 准教授


[研究テーマ]
ドイツ近代建築史、デザイン論、ユートピアの形態論

[主な担当科目]
デザイン表現基礎1・2、地域貢献デザイン、カラーコーディネート

ドイツ近代建築史、デザイン論、ユートピアの形態論

現代まで続くひとつのデザインの主流を作ったモダニズムという歴史的現象、その直接的な創始期とも言える20世紀初頭のドイツにおける芸術運動とその作品群について、建築案やスケッチなどをCG等を用いて再現することによってその造形手法を研究し、建築史の大きな流れの一端を明らかにしていきます。

取得学位

博士(工学)

主な研究業績

<査読付き学術論文>
  1. 赤木良子、杉本俊多著、「ブルーノ・タウト著『都市の解体』に見られる分散的都市像における有機的形態モデルに関する研究」、『日本建築学会計画系論文集』、第79巻、2014年1月。
  2. 赤木良子、杉本俊多著、「『アルプス建築』第3章に見られるブルーノ・タウトのユートピア的風景のデザイン方法」、『日本建築学会計画系論文集』、第77巻、2225-2230頁、2012年9月。
  3. 赤木良子、杉本俊多著、「『アルプス建築』第5章「星の建築」に見られる ブルーノ・タウトのユートピア的アイデアと形態群の生成方法」、『日本建築学会計画系論文集』、第77巻、1779-1784頁、2012年7月。
  4. 赤木良子、杉本俊多著、「『宇宙建築師』に見るブルーノ・タウトのユートピア的建築形態の生成方法」、『日本建築学会計画系論文集』、『日本建築学会計画系論文集』、第77巻、469-474頁、2012年2月。
  5. 杉本俊多、赤木良子著、「ブルーノ・タウト著『都市の冠』に見る表現主義的都市像生成の構図と建築思想」、『日本建築学会計画系論文集』、『日本建築学会計画系論文集』、第76巻、1995-2001頁、2011年10月。

趣味

音楽鑑賞、旅行、スキー

ページの先頭へ戻る