グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 総合デザイン学科 > 久世 祥三 准教授

久世 祥三 准教授


[研究テーマ]
知覚と数のインターフェース

[主な担当科目]
機能モデル製作実習1・2、デザインのプログラミング入門、ヒューマンインターフェース

知覚と数のインターフェース

人がコミュケーションしている時、そこではどのような情報がやりとりされているのでしょうか。当研究室では、人間が感じている光、音、香り、温かみなどの情報を数値として捉え、言語とは別のコミュニケーションの可能性を探り、表現に結びつける研究を行います。

取得学位

学士(美術学)

主な研究業績

<受賞歴>
2013 六甲ミーツ・アート大賞 準グランプリ受賞
2013 IPCはんだ付けコンテスト優勝
2010 KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2010 プロダクト&コミュニケーション部門 グランプリ受賞
2010 電子工作コンテスト グランプリ受賞
<展覧会歴>2016 「PUBLIC SMILING Living lab for affective technology and public space」日建設計東京ビル
2016 「じぶんのまわり -耳でながめて 目でかいで 鼻でふれて 手できいて- 展」茅ヶ崎市美術館 (個展)
2016 「近未来美術展 DOORS」伊勢丹新宿店
2015 「LINK OF LIFE さわる。ふれる。美の大実験室 展」銀座資生堂ビル
2015 「楚々」(グループ展)GALERIE AZUR(渋谷)
2015 「こどもと旅する美術館」美ヶ原高原美術館(長野県)
2014 「スマートイルミネーション横浜2014」ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
2014 「サウンドオブジェクト展」八王子東急タイムズスクエア
2013 「六甲ミーツ・アート芸術散歩2013」(神戸)
2012 「第三回甲南女子大学メディア祭」甲南女子大学メディア表現学科
2012 「EXHIBITION C-DEPOT 2012 TOKYO – YOKOHAMA」スパイラルガーデン
2011 「EXHIBITION C-DEPOT 2011 gravity 引力」スパイラルガーデン
2010 「EXHIBITION C-DEPOT 2010 旅 voyage」横浜赤レンガ倉庫1号館
2009 「EXHIBITION C-DEPOT 2009 メッセージ」新生堂、ギャラリー・ショアウッド

趣味

電子工作、木工作

ページの先頭へ戻る