グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 総合文化教育センター > 市山 雅美 准教授

市山 雅美 准教授


[研究テーマ]
近代中等教育における生徒集団の活動の自主性

[主な担当科目]
教職入門、教育原理、道徳教育の研究

近代中等教育における生徒集団の活動の自主性

明治期から戦前期における旧制中学校などの生徒たちの自主的な活動について、現在の生徒会にあたる校友会の活動(部活動の運営、雑誌の編集・発行、規律維持の活動、役員の選挙)を中心に研究をしています。現在の研究課題は、部活動の運営における生徒たちの意識や実際の活動です。

取得学位

教育学修士

主な研究業績

  1. 「生徒の表現の場としての『校友会雑誌』 ―制約と可能性」斉藤利彦編著『学校文化の史的探究 ―中等諸学校の『校友会雑誌』をてがかりとして―』2015年
  2. 「旧制中等教育学校の生徒の作文にみる道徳性 ―明治期におけるスポーツと道徳の連関の言説―」『湘南工科大学紀要』第50巻第1号、2016年

趣味

読書

ページの先頭へ戻る