グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 総合文化教育センター > ブリントン・スタット 講師

ブリントン・スタット 講師


[研究テーマ]
20世紀における日米関係

[主な担当科目]
英語コミュニケーション1・2、海外語学研修

20世紀における日米関係

20世紀の日本とアメリカの関係、特に、1945年に核兵器使用の決断がいかにしてなされたかについての論争や文献を研究対象としています。また、日米両国の中等教育にはさまざまな違いがありますが、なかでも生徒・教師・学校管理職間の行動や考え方の違いなどについて比較研究を行っています。

取得学位

M.A. United States History, University of California 12/1984
B.A. History, Boston University, Boston, Massachusetts 1979

主な研究業績

Published two articles on this topic in the MEMOIRS OF SHONAN INSTITUTE OF TECHNOLOGY:
March 2003: The Atomic Bomb And The End Of World War II: The Debate Among Historians
March 2007: Three Fallacies In The Standard Argument Defending President Truman’s Atomic Bomb Decision

趣味

テニス、海で泳ぐ、読書(歴史)、映画鑑賞

ページの先頭へ戻る