グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 電気電子工学科 > 関岡 昇三 教授

関岡 昇三 教授


[研究テーマ]
電力システムにおける雷現象の解明と雷害対策に関する研究

[主な担当科目]
パワーエレクトロニクス、高電圧工学、配電工学

電力システムにおける雷現象の解明と雷害対策に関する研究

地球温暖化対策のため風力発電などの新エネルギーの導入が世界各地で行われています。しかしながら課題も多く、その一つが雷です。電気を確実に発電し安定して送るために、雷が落ちたときにどのような現象が起きるかを解明し、それにより有効な対策を得るための方法を開発する研究を行っています。

取得学位

工学士(同志社大学)、工学博士(同志社大学)

主な研究業績

  1. S.Sekioka, M.I.Lorentzou, M.P.Philippakou, J.M.Prousalidis: “Current-dependent grounding resistance model based on energy balance of soil ionization”, IEEE Transaction on Power Delivery, Vol. 21, No. 1, pp. 194-201, 2006
  2. S.Sekioka: “Lightning surge analysis model of reinforced concrete pole and grounding lead conductor in distribution line”, IEE of Japan Trans. on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 3, pp. 432-440, 2008
  3. 関岡,舟橋:「ウィンドファームにおける埋設地線有効導体長に関する一検討」, 電気学会論文誌B, 129巻7号, pp. 675-681, 2009
  4. 関岡,林,宮崎,坂本,岡部:「配電線支持方式がフラッシオーバに与える影響に関する実験的検討」, 同上, 130巻6号, pp. 566-574, 2010
  5. S.Sekioka, K.Mori, N.Fukazu, K.Aiba, S.Okabe: “Simulation model for lightning overvoltages in residences caused by lightning strike to the ground” IEEE Transaction on Power Delivery, Vol. 25,No. 2, pp. 970-978, 2010
  6. S.Sekioka, K.Aiba, T.Miyazaki, S.Okabe: “Lightning overvoltages in low- voltage circuit for Various lightning striking points”, ibid. on Power Delivery, Vol. 25,No. 4, pp. 3095-3104, 2010

趣味

旅行

ページの先頭へ戻る