グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 電気電子工学科 > 香川 俊明 教授

香川 俊明 教授


[研究テーマ]
光をより有効に使うための光エレクトロニクスの研究

[主な担当科目]
電気回路1、電子と原子の世界、電磁気学1・2

光をより有効に使うための光エレクトロニクスの研究

光ファイバー通信は海底ケーブルによる国際通信から家庭のインターネットまでさまざまな分野で利用されています。これをさらに発展させ、計算機やロボットなどもっと多くの場面で使い、私たちの生活をより便利にする可能性があります。このような光を取り扱う技術をさらに発展させる研究を行っています。

取得学位

理学博士(東京工業大学)

主な研究業績

  1. T. Kagawa “Measurement of Constant and Time-Dependent Polarizations Using Two-Photon Absorption of Si Avalanche Photodiode”,  Jpn. J. Appl. Phys., 47 (3) 1628-1631 (2008).
  2. T. Kagawa “Measurement of Transient Polarization using Two-Photon Absorption of Si-APD and Its Application to Measurement of Wavelength Chirping” 21st Annual Meeting of the IEEE Lasrs &Electro-Iptics Society (LEOS 2008) ThT4 (2008)
  3. T. Kagawa and S. Ooami “Polarization dependence of two-photon absorption in Si avalanche photodiode” Jpn. J. Appl. Phys., 46 (2) 664-668 (2007).
  4. T. Kagawa “Design of Deep Guard Ring for Geiger Mode Operation Avalanche Photodiode” IEICE Trans. on Electronics, E-88-C, (11) 2136-2140 (2005).
  5. T. Kagawa and S. Arai "Passive Geiger Mode Operation of a Si Two-Photon Absorption Avalanche Photodiode and Its Temperature Dependence”,  IEICE Trans. on Electronics, E-86-C, (9) 1796-1799 (2003).

趣味

ゴルフ、読書、映画鑑賞

ページの先頭へ戻る