グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 人間環境学科 > 宮坂 武寛 教授

宮坂 武寛 教授


[研究テーマ]
血液浄化療法におけるデバイスの研究

[主な担当科目]
バイオ材料、生体と化学反応、福祉と工業製品

血液浄化療法におけるデバイスの研究

腎臓が悪くなって身体の中から除去できなくなった老廃物や、全身がショック状態となる炎症の原因物質を除去するのが血液浄化療法です。この血液浄化療法で用いられる血液をきれいにするフィルタ(透析器・濾過器)や血液を体外に取り出すカテーテルといったデバイスをよりよくする研究を行っています。

取得学位

博士(工学) 早稲田大学

主な研究業績

<研究論文>
  1. 林鳳娟, 野中誉子, 笹田一樹, 足立禄樹, 宮坂武寛. 粘性色素溶液を用いた血液濾過器内流動状態評価法の検討, 日本急性血液浄化学会雑誌7(2): 102-107 2016
  2. 宮坂武寛、村上泰右、井上晃司、佐伯里詩. 疑似血液・模擬血管を用いた各種バスキュラーアクセスカテーテル使用時の実血流量の検討, 日本急性血液浄化学会雑誌 6(1): 23-28 2015
  3. 宮坂武寛, 久高勝也, 三井康平, 上村沙矢香, 華岡里奈, 佐伯里詩, 井上晃司, 村上泰右. 疑似血液を用いた各種バスキュラーアクセスカテーテル使用時の設定血流量と実血流量の差, 医工学治療 26(2): 74-80 2014
  4. 宮坂武寛, 上村沙矢香, 華岡里奈, 三井康平, 久高勝也, 佐伯里詩, 井上晃司, 村上泰右. 持続緩徐式血液ろ過器における中空糸閉塞状況の評価, 日本急性血液浄化学会雑誌 5(1): 66-71 2014
  5. 宮坂武寛, 尾崎逸美, 奥田幸寛, 田渕晃成, 新規持続緩徐式血液濾過器SHGの溶質除去能に関する基礎的検討, 日本急性血浄化会誌2(2): 198-201 2011.
  6. Yamamoto K, Ogawa T, Matsuda M, Iino A, Yakushiji T, Miyasaka T, Sakai K. Membrane potential and charge density of hollow-fiber dialysis membranes. J Membrane Sci 355: 182–185, 2010.
  7. Hirano A, Yamamoto K, Matsuda M, Ogawa T, Yakushiji T, Miyasaka T, Sakai K. Evaluation of dialyzer jacket structure and hollow-fiber dialysis membranes to achieve high dialysis performance. Ther Apher Dial 15(1): 66–74, 2010.
  8. Yamamoto K, Matsuda M, Hirano A, Takizawa N, Iwashima S, Yakushiji T, Fukuda M, Miyasaka T, Sakai K. Computational evaluation of dialysis fluid flow in dialyzers with variously designed jackets. Artif Organs 33(6): 481-486, 2009.
  9. Ogawa T, Aoyagi S, Miyasaka T, Sakai K. Fluorescence enhancement of fluorescein isothiocyanate- labeled protein A caused by affinity binding with immunoglobulin G in bovine plasma. Sensors 9: 8271-8277, 2009.
  10. Matsuda M, Yamamoto K, Yakushiji T, Fukuda M, Miyasaka T, Sakai K. Nanotechnological evaluation of protein adsorption on dialysis membrane surface hydrophilized with polyvinylpyrrolidone. J Membrane Sci 310(1): 219-228, 2008.
  11. Matsuda M, Sato M, Sakata H, Ogawa T, Yamamoto K, Yakushiji T, Fukuda M, Miyasaka T, Sakai K. Effects of fluid flow on elution of hydrophilic modifier from dialysis membrane surfaces. J Artif Organs 11(3): 148-155, 2008.
  12. 松田雅人, 久保宣昭, 山本健一郎, 薬師寺大二, 福田誠, 宮坂武寛, 酒井清孝. 膜構造制御によるアルブミン漏出の抑制. 腎と透析 65 別冊 ハイパフォーマンスメンブレン’08: 26-29, 2008.
  13. 滝沢夏生, 山本健一郎, 松田雅人, 薬師寺大二, 福田誠, 宮坂武寛, 酒井清孝. コンピュータシミュレーションによる透析器のハウジング形状が透析液流動に及ぼす影響の解析. 腎と透析 65 別冊 ハイパフォーマンスメンブレン’08: 42-46, 2008.
  14. 國方賢, 八木優, 山本健一郎, 福田誠, 薬師寺大二, 宮坂武寛, 酒井清孝. 新型血液透析器における透析液側流動の無次元相関式による評価. 腎と透析 65 別冊 ハイパフォーマンスメンブレン’08: 47-50, 2008.
  15. 滑川亘希, 八木優, 松田雅人, 山本健一郎, 福田誠, 薬師寺大二, 宮坂武寛, 酒井清孝. 最新の合成高分子系血液透析膜の内表面特性評価. 腎と透析 65 別冊 ハイパフォーマンスメンブレン’08: 51-55, 2008.
  16. 松田雅人, 朝妻恵一, 阪田宏樹, 山本健一郎, 薬師寺大二, 福田誠, 宮坂武寛, 酒井清孝. 透析膜表面PVP減少が表面特性に与える影響. 腎と透析 65 別冊 ハイパフォーマンスメンブレン’08: 56-59, 2008.
  17. 朝妻恵一, 松田雅人, 山本健一郎, 薬師寺大二, 福田誠, 宮坂武寛, 酒井清孝. 透析膜へのずり応力負荷が浸水化剤溶出および表面構造に与える影響. 腎と透析 65 別冊 ハイパフォーマンスメンブレン’08: 60-63, 2008.
  18. 八木優, 松田雅人, 滑川亘希, 國方賢, 山本健一郎, 酒井清孝, 福田誠, 薬師寺大二, 宮坂武寛. 原子間力顕微鏡による血液透析膜の生体適合性の評価. 腎と透析 65 別冊 ハイパフォーマンスメンブレン’08: 64-67, 2008.
  19. 河野桂子, 福田利恵, 小野和子, 吉上早苗, 坂下亨, 松山家久, 松山誠, 福田誠, 薬師寺大二, 宮坂武寛. ニプロ社製ダイアライザPES-210Sαに適したon-line HDF条件の検討. 腎と透析 65 別冊 ハイパフォーマンスメンブレン’08: 141-148, 2008.
  20. 佐藤和弘, 楢村友隆, 井出孝夫, 福田誠, 薬師寺大二, 宮坂武寛. 内部濾過促進型ダイアライザAPS-15EXと他のV型ダイアライザを用いたon-line HDFとの性能比較. 腎と透析 65 別冊 ハイパフォーマンスメンブレン’08: 163-167, 2008.

<著書>
  1. 宮坂武寛. (3)エンドトキシンモニタリング. わかりやすい透析工学 血液浄化法の科学的基礎. 酒井清孝・峰島三千男 編. 南江堂, 東京, pp156-161, 2012.

趣味

車、楽器演奏、音楽鑑賞

ページの先頭へ戻る