グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 大学院 電気情報工学専攻 > 保坂 良資 教授

保坂 良資 教授


[担当課程]
博士前期・後期課程

[取得学位]
工学博士(甲種),1984年,工学院大学

研究テーマ

医療過誤のない安全な医療環境をつくるため、多くの病院や医学部と協働で活動しています。
  • 920MHz帯パッシブRFIDタグを利用した医療環境のヒト・モノ認証の研究
  • 看護業務を支援できる合理的な情報システムの研究
  • 医療環境内のワイヤレスシステムの現実的な電磁的安全性の評価の研究


<研究の概要>
iPS細胞の研究からもわかるように、医療に関わる技術は高機能化を続けています。しかし、実際の医療現場で生じる医療ミスは無くならず、むしろわずかながら増加しています。その多くは、患者や薬の確認作業中に生じています。現在のバ-コ-ドによる管理では、これらの医療ミスを予防することができません。しかし、ICタグ・ICチップとも呼ばれるRFIDタグを活用すれば、医療ミスの多くを無くすことができます。保坂研究室では、他大学医学部の附属病院と共に、実際の医療の現場で活用されるRFIDタグの研究を進めています。

研究業績

<社会的活動>
日本生体医工学会内に「ユビキタス情報メディアと医療システム研究会」を主宰し、医用RFID(とくにUHF帯パッシブ)の普及を推進している。現在3社と研究受託関係にある。また、5社と共にミニコンソ-シアム「医療用RFID合同プロジェクト」を立ち上げ、臨床応用に適した医用RFIDの実現を目指している。企業様からの相談は随時受け付けている。
<研究論文>
  1. R. HOSAKA : Possibility Evaluation of Automatic Tracking for Medical Devices and Patients using UHF band Passive RFID Tag in Hospital, On–line Proc. of 37th. Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 4pages (2015)
  2. 保坂 良資:医療施設で有用なRFIDシステムの現実的な利便性評価、設計工学、第49巻-2号、pp. 68-74 (2014)
  3. 保坂良資:これまでの医用ワイヤレスシステムと最新RFID、電気学会論文誌C 電子・情報・システム部門誌、第133巻-3号、pp. 536-539 (2013)
  4. R. HOSAKA and T. MUROHASHI : Experimental Trial to Detect Medical Engineering Equipments in Hospital by Passive UHF RFID Tag, Proc. of 2013 7th International Symposium on Medical Information and Communication Technology, pp. 81-84 (2013)
  5. 保坂良資:看護現場を起点とする潜在的問題の解析と対策 電子カルテ入力端末と小型ME機器の管理を例に、看護管理、第22巻-7号、pp. 543-549 (2012)
  6. 赤羽智幸,保坂良資,室橋高男:UHF帯パッシブRFIDタグを用いたME機器包括管理システムの基礎的検討,医療情報学,第33巻-1号 (2013)
  7. 赤羽智幸,保坂良資,室橋高男,大谷 真:病院内ME機器包括管理への応用のためのUHF帯パッシブタグの認証機能に関する基礎的検討,生体医工学、第50巻-1号,pp. 124-130 (2012)
  8. 赤羽智幸,保坂良資,大谷 真:医療環境におけるRFIDタグとPLC・新型照明器具の干渉特性評価,生体医工学、第48巻-6号,pp. 609-615 (2011)
  9. 保坂良資:医療現場で真に役立つ医用RFタグ,自動認識、第24巻-6号,pp. 19-24 (2011)
  10. R. HOSAKA and T. AKAHANE : Evaluation of 950MHz RFID tag system as a marker for patient tracking at ward in hospital, 5th European IFMBE Conference IFMBE Proceedings, vol. 37, pp. 1136–1139 (2011)
  11. R. HOSAKA : An analysis for electrical noise of electric bulb shaped fluorescent tube to maintain security level of medical use RFID tag, Proc. of World Congress on Medical Physics and Biological Engineering 2009, pp. 217-220 (2009)
  12. K. YASMASHITA, Y. IWAKAMI, K. IMAIZUMI, H. KOMATSU, H. HONDA, R. HOSAKA, S. SHIMADA, S. INO and T. OKUBO : Development of computerized surgical instrument by the ceramic RFID tag, Proc. of World Congress on Medical Physics and Biological Engineering 2009, pp. 239-242 (2009)
  13. R. HOSAKA : An analysis of PLC noise for safety control of medical RFID system, IFMBE Proc. of 4th. European Congress for Medical and Biological Engineering 2008, vol. 22, pp. 1030-1033, 4pages, Springer (2008)
  14. 保坂良資:ワイヤレス情報通信としてのICタグ,情報処理学会誌,第48巻-4号,pp. 333-337 (2007)
  15. R. HOSAKA : An Analysis for Specifications of Medical Use RFID System As a Wireless Communication, Proc. of 29th. Conference of IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, pp. 2795-2798, 4pages (2007)
  16. R. HOSAKA : An Analysis for Usability of Mobile Phone Human Interface, Proc. of World Congress on Medical Physics and Biological Engineering 2006, pp. 3635-3638, 4pages (2006)
  17. R. HOSAKA : An Analysis of Suitable Specification of RFID Tag for Realization in Medical Environment, Proc. of World Congress on Medical Physics and Biological Engineering 2006, pp. 3608-3611, 4pages (2006)
  18. R. HOSAKA : A Study for Suitable Specification of Medical Use RFID, J. of Medical & Biological Engineering & Computing, Vol. 43, 6pages, Springer (2005)
  19. R. HOSAKA : Study for Correlation between Performance of Mobile Phone Type Human Interface and Capacity of Short Term Memory, J. of Medical & Biological Engineering & Computing, Vol. 43, 6pages, Springer (2005)
  20. R. HOSAKA : Feasibility study of convenient automatic identification system of medical articles using LF band RFID in hospital, Systems and Computers in Japan, Vol. 35-No. 10, pp. 74-82 (2004)
  21. 保坂良資,山下和彦,西村千秋:5タッチ式情報入力システムの看護情報環境への応用適性の検討,生体医工学,第41巻-4号,pp. 260-265 (2004)
  22. 保坂良資:家庭内情報入力デバイスとしての携帯電話式入力インタ-フェイスのパフォ-マンス解析,人間工学,第39巻-6号,pp. 282-291 (2003)
  23. 保坂良資:長波帯RFIDによる簡便な病院内医用物品自動認証システムの実現可能性評価,電子情報通信学会論文誌DⅡ,第J86-D-Ⅱ巻-4号,pp. 571-578 (2003)
  24. 保坂良資:手術室内患者誤認防止への応用を前提としたバッテリレス長波帯RFIDタグの工学的評価,電気学会論文誌C 電子・情報・システム部門誌,第123-C巻-2号,pp. 246-254 (2003)
  25. 保坂良資:看護環境のリスクマネジメントのための情報入力デバイスの適性評価,医療情報学,第22巻-5号,pp. 377-386 (2002)
  26. 保坂良資,星 善光,神田崇宏:ピクセル情報の数値縮小と行列表現による内視鏡画像向けの新たな可逆情報圧縮の試み,電気学会論文誌C 電子・情報・システム部門誌,第122-C巻-11号,pp. 1917-1924 (2002)
  27. 保坂良資:ヘリカルアンテナを用いた長波帯RFIDシステムによる乳幼児の位置検知,ライフサポ-ト学会誌,第14巻-3号,pp. 93-100 (2002)
  28. 保坂良資:長波帯RFIDによる簡便な視覚障害者向け電子警告標識の評価,計測自動制御学会論文集,第37巻-10号,pp. 979-986 (2001)
  29. 保坂良資:無電源スタッフ用マ-カを用いたドア制御による痴呆症老人の施設内徘徊抑止,計測自動制御学会論文集,第37巻-8号,pp. 704-712 (2001)
  30. 保坂良資:PHSホ-ムアンテナの活用による痴呆症老人の徘徊初期段階検知システム,計測自動制御学会論文集,第36巻-12号,pp. 1172-1177 (2000)
  31. 保坂良資,平岡万里子,斎藤正男:楕円近似小グル-プ解析による膝関節回旋点座標の位置解析,電気学会論文誌C 電子・情報・システム部門誌,第120-C巻-12号,pp. 1966-1971 (2000)
  32. 保坂良資:静電容量変化を利用した非接触眼球運動測定,計測自動制御学会論文集,第36巻-1号,pp. 26-31 (2000)
  33. 保坂良資,斎藤正男:移動体通信網の応用による小児行動モニタ用マ-カの研究,ライフサポ-ト学会誌,第11巻-4号,pp. 108-113 (1999) ※第17回電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)受賞論文
  34. 保坂良資,斎藤正男:PHSを技術基盤とする徘徊老人定位に適した電子マ-カの仕様の研究,電子情報通信学会論文誌DⅡ,第J82-D-Ⅱ巻-12号,pp. 2367-2374 (1999)
  35. 保坂良資,斎藤正男:小グル-プ解析による静止画情報に基づいた膝関節可動域の測定,ライフサポ-ト学会誌, 第11巻-1号,pp. 10-15 (1999)
<著書>
  1. 保坂良資:医療現場のヒュ-マンエラ-を防ぐRFIDシステム,技術情報協会 (2013)
  2. 保坂良資:ICタグ入門 ―医療に携わる方々に向けて―,コロナ社 (2006)
  3. 山越憲一編著:健康・福祉工学ガイドブック,pp. 113-125,工業調査会 (2001)
  4. 日本エム・イ-学会偏:ME用語辞典,コロナ社 (1999)
<最近の外部資金調達状況>
  1. 2017-2019:文科省科研費 基盤C (代表)
  2. 2014-2016:文科省科研費 基盤C (代表)
  3. 2011-2013:文科省科研費 基盤C (代表)
  4. 2006-2008:厚労省科研費 (分担)
  5. 奨励研究費(受託研究) 9件/過去5年間
<学会活動>
  1. 日本生体医工学会「ユビキタス情報メディアと医療システム研究会」会長
  2. 日本医療情報学会「病棟デバイスワ-キンググル-プ」委員
  3. GS1ヘルスケアジャパン協議会 電子タグWG手術室安全検証実験 監修者
  4. 日本生体医工学会・日本ライフサポ-ト学会・日本生活支援工学会などの代議員・評議委員

ページの先頭へ戻る