グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 大学院 電気情報工学専攻 > 関岡 昇三 教授

関岡 昇三 教授


[担当課程]
博士前期・後期課程

[取得学位]
工学士(同志社大学)、工学博士(同志社大学)

研究テーマ

  • 雷放電および地震の観測
  • 送配電線および家屋における雷害に関する現象解析ならびに対策に関する研究
  • 電力系統に関連した風力発電や太陽電池などの新エネルギーに関する研究

主な研究業績

  1. S.Sekioka, M.I.Lorentzou, M.P.Philippakou, J.M.Prousalidis: “Current-dependent grounding resistance model based on energy balance of soil ionization”, IEEE Transaction on Power Delivery, Vol. 21, No. 1, pp. 194-201, 2006
  2. S.Sekioka: “Lightning surge analysis model of reinforced concrete pole and grounding lead conductor in distribution line”, IEE of Japan Trans. on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 3, pp. 432-440, 2008
  3. 関岡,舟橋:「ウィンドファームにおける埋設地線有効導体長に関する一検討」, 電気学会論文誌B, 129巻7号, pp. 675-681, 2009
  4. 関岡,林,宮崎,坂本,岡部:「配電線支持方式がフラッシオーバに与える影響に関する実験的検討」, 同上, 130巻6号, pp. 566-574, 2010
  5. S.Sekioka, K.Mori, N.Fukazu, K.Aiba, S.Okabe: “Simulation model for lightning overvoltages in residences caused by lightning strike to the ground” IEEE Transaction on Power Delivery, Vol. 25,No. 2, pp. 970-978, 2010
  6. S.Sekioka, K.Aiba, T.Miyazaki, S.Okabe: “Lightning overvoltages in low- voltage circuit for Various lightning striking points”, ibid. on Power Delivery, Vol. 25,No. 4, pp. 3095-3104, 2010

ページの先頭へ戻る