グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 大学院 機械工学専攻 > 幾田 信生 教授

幾田 信生 教授


[担当課程]
博士前期・後期課程

[取得学位]
工学博士

研究テーマ

  • 高分子基複合材料用強化材料の表面処理におけるシランカップリング剤のプロセス解析
  • 樹脂反応性ナノ粒子を用いたナノコンポジットの研究開発
  • 天然ケラチンのバイオマス的有効利用としての羊毛バイオレジンの創製

研究業績

<著書>
  1. 「第13章ゴム、プラスチック工業に関する表面・界面技術第4節プラスチック複合材料と表面・界面(1)強化材」, 共著, 2005.11, 「表面・界面工学体系 下巻 応用編」, 本田健一編,テクノシステム, 幾田信生, 船見文寧, 南俊輔, 717 - 719
  2. 「第5章構造材料への応用展開第7節ポリアミド系ナノコンポジット」, 共著, 2005.11, 「ナノコンポジットマテリアル」, 井上明久編,フロンティア出版, 幾田信生, 339 - 343
  3. 「第3章 動物由来高分子複合材料 1.ケラチン」, 共著, 2005.11, 「環境調和複合材料の開発と応用」,藤井透,西野孝,合田公一,岡本忠監修, 藤井透,西野孝,合田公一,岡本忠監修,シーエムシー出版, 幾田信生, 古賀城一, 102 - 112
  4. 「6.接着・接合の化学」, 共著, 2005.5, 「先進複合材料工学」, 邉吾一,石川隆司編, 培風館, 幾田信生, 87 - 97


<論文(審査済み国際会議議事録を含む)>
  1. Field desorption mass spectroscopic analysis of silane coupling agents hydrolyzed in solution, 共著, 2002, Composite Interfaces, 9 (5), A,Yanagawa, N. Ikuta, M. Yasueda, T. Hori, Y. Ishino, 403 - 412
  2. シランカップリング剤の反応/作用機構, 単著, 2003, マテリアルステージ, 3 (8), 幾田信生, 1 - 5
  3. ナノテク材料評価における振動分光法の活用, 共著, 2004, 機能材料, 24 (10), 幾田信生, 西尾悦雄, 54 - 59
  4. Interfacial reinforcement in composites with PPT aramid fiber modified by network-intercalation method, 共著, 2004, Composite Interfaces, 11(3),, Akihiro Ohnishi, Eiji Fujioka, Kazuhiko Kosuge, Nobuo Ikuta, 263 - 269
  5. Improvement of resin impregnation into glass cloth by silane treatment in resin transfer molding, 共著, 2005, Composite Interfaces, 12 (7), Akihiro Ohnishi, Seiwa Ohori, Fumiyasu Funami, Nobuo Ikuta, 683 - 689
  6. フィラー/ポリマー界面層の構造と機能, 単著, 2005, filler, 9 (11), 幾田信生, 53 - 60
  7. 磁性粉末-ポリマー複合体のプレス成形におけるシランカップリング剤の添加効果タイトル, 共著, 2006, 成形加工, 18 (9), , 粟倉由夫, 吉田栄吉, 栗田勇, 幾田信生, 684 - 688
<その他>
  1. 強度発現を支配するFRPコンポジットの界面制御, 単著, 2002, 02-3ポリマーフロンティア21, 幾田信生, 1 - 4
  2. 熱可塑性複合材料におけるフィルムフォーマの界面作用, 共著, 2002, 日本学術振興会繊維・高分子機能加工第120委員会年次報告,53, 幾田信生、柳川晃, 9 - 12
  3. 「ミクロコンポジットを用いた高分子系複合材料の界面効果に関する解明」(課題番号:11450256, 単著, 2002.4, 平成11年度~平成13年度科学研究費臍金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, 幾田信生,
  4. 界面接着性の向上を目指したケブラー® 繊維の新規表面処理法, 共著, 2003, 日本学術振興会繊維・高分子機能加工第120委員会年次報告,54, 幾田信生、小菅一彦, 13 - 16
  5. 強度発現を支配するFRPコンポジットの界面制御, 単著, 2003, 無機/高分子ナノ界面制御(ポリマーフロンティア21シリーズ15), 幾田信生, 3 - 23
  6. 湘南工科大学工学部マテリアル工学科有機材料研究室, 単著, 2004, 全国繊維科学研究要覧, 繊維学会編, 幾田信生, 30
  7. フィラー/PP複合材料における熱劣化機構の解明, 共著, 2004, 日本学術振興会繊維・高分子機能加工第120委員会年次報告,55, 幾田信生, 細井啓史, 船見文寧, 安田直樹, 野村 学, 由井 浩, 31 - 34
  8. 複合材料の接着界面のIR分析, 共著, 2005, 接着の技術, 24 (4), 幾田信生, 大西晃宏, 西尾悦雄, 27 - 33

ページの先頭へ戻る