グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 大学院 機械工学専攻 > 北洞 貴也 教授

北洞 貴也 教授


[担当課程]
博士前期・後期課程

[取得学位]
工学博士(論文)横浜国立大学 1996年3月

研究テーマ

  • 農業用水路に適したゴミ詰まりに強い低落差貫流水車の設計法開発
  • 高速処理が可能な翼の非定常特性予測法の開発
  • 画像変形式PIV法の高速処理・高精度化に関する研究

主な研究業績

<論文>
  1. 低落差貫流水車の性能向上への一寄与、北洞、豊倉、久保田、溝淵、(1990年2月、ターボ機械協会誌、18巻2号、pp.73-78)
  2. 吸出し管出口開水路内流れに関する研究、北洞、豊倉、山沢、久保田、鈴木、(1991年1月、日本機械学会論文集、B編、57巻533号pp.25-29)
  3. 吸込み管入口開水路内流れに関する研究 低水位時の空気吸い込み現象について、北洞, 黒川, 豊倉、(1993年6月、ターボ機械協会誌 21巻6号 pp.336‐342)
  4. 磁性流体軸シールの耐圧特性とポンプへの適用、北洞、黒川、宮副、林、(1994年9月,日本機械学会論文集 B編 60巻577号 pp.142-148)
  5. 低落差貫流水車のラジアルスラスト、北洞、黒川、豊倉、(1995年8月、日本機械学会論文集 B編 61巻588号 pp.3012-3017)
  6. 低落差貫流水車に関する研究(ランナ径が効率に及ぼす影響)、北洞、黒川、豊倉、(1995年5月、日本機械学会論文集 B編 61巻585号 pp.1744-1749)
  7. カプラン水車の翼端渦に関する研究、北洞、久保田、鈴木、黒川、豊倉、(1995年4月、ターボ機械協会誌 23巻4号 pp.194-200)
  8. フランシス水車ランナの三次元境界層計算、北洞、黒川、松本、鈴木、(1998年4月、日本機械学会論文集 B, Vol.64, No.620, pp.1142-1148)
  9. リカレントニューラルネットワークによる多変数プログラム制御の管路系シミュレーションへの適用、北洞、大森、(2007年5月, 日本機械学会論文集 B編 73巻729号, pp44-45)
  10. 農業用水路に適した貫流水車に関する研究、北洞・小出・稲垣・大池、(2011年3月、ターボ機械協会誌,第39巻,3号,pp41-48)

<国際会議論文>
  1. Study on Blade Tip Vortex of Kaplan Turbine, T.Kitahora, R.Suzuki, T.Toyokura, T.Kubota, J.Kurokawa, (Sept. 1994,17th IAHR Symposium (Beijing), Proceedings Vol.1, A-9,pp.131-142)
  2. Prediction of Scalable Loss in Francis Runners of Different Specific Speed, T.Kitahora, J.Kurokawa, M.Matsumoto, R.Suzuki, (Sept. 1996, Proc. of 18th IAHR Symp.(Valencia), Vol.1, pp.323-332)
  3. Calculation of Skewed Laminar Boundary Layer on a Rotating Disk with Main Flow Streamed Toward Center. T. Kitahora, H. Motoyame, (Feb. 2002, The 9th of International Symposium on Transport Phenomena and Dynamics of Rotating Machinery, Honolulu, Hawaii, pp.272-273)
  4. Calculation Speed and Accuracy of Transformation Image PIV, T. Kitahora, (Mar. 2005 , 6th KSME-JSME Thermal & Fluids Engineering Conference, Jeju, Korea, Proceedings JG03)
  5. High Accuracy Program Control of a Pipe Line System by using a Recurrent Neural Network, T. Kitahora, (Oct. 2006, 23rd IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and System, Yokohama, F290 pp.1-9)
  6. Influence of pressure in runner chamber on performance estimation of micro-head cross-flow hydraulic turbine, T. Kitahora, M. Inagaki, M. Uchida, S. Ooike,(June 2010, Proc. of Renewable Energy 2010-Yokohama,O-Sh-4-5)
  7. Internal Flow in The Runner Chamber and Draft Tube of Low Head CrossS Flow Turbine, T. Kitahora, R. Koide, M. Inagaki and M. Uchida, (Nov. 2010,Abstract book of Int'l Symposium on Low Carbon & Renewable Energy Technology-Jeju,pp.166)
<解説>
  1. 「貫流水車の低落差への適用」、北洞、(1997年4月、ターボ機械協会誌 第25巻第4号 pp.200-204)
  2. ハイドロタービン性能予測分科会報告 その1 「三次元境界層の積分法による計算と摩擦損率の予測」北洞(1999年5月、ターボ機械協会誌 Vol.27, No.5, pp.259-263)
  3. ハイドロタービン性能予測分科会報告 その1 「フランシス水車の損失評価について」鈴木、銭、北洞、黒川 (1999年5月、ターボ機械協会誌 Vol.27, No.5, pp.264-269)
  4. マイクロ水力の利用技術1「マイクロ水力用貫流水車」、北洞、(2002年3月、ターボ機械協会誌Vol30, No.3, pp.136-141)
  5. 随筆・サロン 大学での研究活動の一例紹介、北洞、(2010年1月、ターボ機械協会誌、第38巻第1号、pp41-45)

<著書>
  1. 日本機械学会基準「水車及びポンプ水車の性能換算法」JSME S008、主査:黒川、幹事 北洞 他20名(1999年1月、日本機械学会)
  2. 電気学会 電気規格調査会標準規格 「水車およびポンプ水車」JEC-4001-2006主査:久保田、北洞 他10名 (2006年10月、電気書院)

<特許>
  1. 特開平7-187300「気液分離装置」、黒川・北洞・大滝, (1995年)
  2. 特許5268811「落差工・堰用水車設備」、進藤・稲垣・北洞(2013年)

ページの先頭へ戻る