グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 機械工学科 > 西田 英一 教授

西田 英一 教授


[研究テーマ]
静かな機械の設計のための実験/シミュレーション手法の開発

[主な担当科目]
メカトロニクスの話、自動車工学、工業数学・力学1・2

静かな機械の設計のための実験/シミュレーション手法の開発

私たちの周りには、家電品、オフィス機器、車など、音を出す機械がたくさんあります。これらの製品を静かにするための実験、解析手法に取り組んでいます。例えば、室内を静粛化するための装置の開発、窓や壁の遮音性能を現場でも簡単に評価できる方法などに取り組んでいます。

取得学位

博士(工学)

主な研究業績

<主な研究論文>(過去5年間分)
  1. E. Nishida, Sound transmission loss estimation method by impact method, Noise Control Engineering Journal, 58(5), Sept-Oct 2010, 2010, pp.1-6
  2. 西田、打撃試験による音響透過損失評価法の開発、日本機械学会論文集、C編(掲載決定)
  3. E. Nishida, H. Hamakawa, Study on MODELING METHOD OF VORTEX SHEDDING SYNCHRONIZATION IN HEAT EXCHANGER TUBE BUNDLES, Proceedings of the ASME 2010 3rd Joint US-European Fluids Engineering Summer Meeting, FEDSM/ICNMM 2010-30917, 2010, pp.1-7.
  4. E. Nishida, G. Koopmann, A method for designing and fabricating broad-band vibration absorbers for structural noise control, ASME Journal of Vibration and Acoustics, Vol.129, No.4,pp.397-405, Aug.2007
  5. 西田、三木等:5名、音響FEMによる管群気柱共鳴抑止用吸音構造設計法、日本機械学会論文集、C編、72巻724号、2006-12、pp.3775-3781
  6. 西田、三木等:5名、ボイラにおける管群気柱共鳴と吸音構造による抑止法の研究、日本機械学会論文集,C編、71巻712号, pp. 3458-3464, 出版年 2005/12
  7. 西田、鈴木:2名、準能動型動吸振器方式による耐震設計法の研究、日本機械学会論文集,C編、71巻708号 ,pp 2454-2460, 出版年 2005/8
  8. 西田、鈴木:2名、連結部材特性に着目したボイラ構造物の簡易耐震設計法、日本機械学会論文集,C編、71巻704号,pp. 1139-1145, 出版年 2005/4

<著書>
  1. 事例に学ぶ流体関連振動(第2版) 、共著、技法堂出版、2008年6月
  2. Flow-Induced Vibrations, collaboration, Elsevier, 2008

趣味

テニス、一人カラオケ

ページの先頭へ戻る