グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 特任教授 > 湯浅 弘一 特任教授 > ~笑顔でわかろうを目指す~【ワカル屋でございます!】

~笑顔でわかろうを目指す~【ワカル屋でございます!】



<第1話> わかりやすいって?

いらっしゃいませ。ようこそワカル屋へ
店主の湯浅弘一です。湘南工科大学で教育産業学と数学を教えております。
今日はこのお店のコンセプトのご紹介。

情報は豊かになったと言われていますが、実は昔と比べて情報を拾い易くなったということなんですよね〜
ネットというやつです。
こいつは便利な道具でして、ましてやスマホっていう道具を使うと指でサッと画面を撫ぜるだけでなんか、答えが出てしまう。
それに上手く使っていると“アナタ向けの…”ここまで親切にも情報が容易に手に入るようになったわけです。
でもよく考えると…
自発的な情報ではないかもしれませんね。
なんとなく誘導された情報???それも短時間に挑発的に!!!

昔の話なんて聞きたくないかもしれませんが…
私の子供の頃…うん10年前?
電車の初乗りって30円でした。子供料金が15円。キッカリ半額!
今は、何気に四捨五入???今の子供さんは場合によっては損した気分。
それはどうでも良くて…
何か知りたければ…
(1)誰かに聞く
(2)辞書や百科事典で調べる
こんなことしかなかったわけですな。
ということは、誰の誘導もなく、一人で自分で探すしかない時代だったわけ。
だから一つわかると感動したもんです。今は感動する前に結果だけ知識として吸収。まあ、年寄りから見れば味気ないわけです…
とは言うものの、時代はサッと!
サッと???
“情報が頭に浮かび易くなったってこと”なんです。
頭の中でイメージできたりするから受け入れが早く次から次へと知識が入るわけ。
つまり…わかりやすいって?
そう、“頭の中でイメージできること”
なんですね。もちろん、頭の中が見えないので、もしかすると間違ってイメージしている場合もありますね。
それを世の中では“誤解”と申し上げますのでご注意してください。

今日のお話も誤解の無いように伝わりましたでしょうか?
次回は“伝える”についてお話いたします。
本日はご来店誠にありがとうございました。
店主敬白

<第2話> 伝える?伝わる?

いらっしゃいませ~
ようこそワカル屋へ。店主の湯浅弘一です。
今日のお話は“伝える難しさ…その1”って気分です。
その1があるってことは、その2もあるわけでして(たぶん…(笑))

職業柄、高校生や大学生とのコミュニケーションを取ることが多いので、若い方のおかげで小生は若くいられます(笑)
どこが若くいられるかって?
言葉、あの“LINE”ってやつですよ。
若い方はすごいですよね〜言葉の省略の仕方が半端ない。
先日、学生さんとの懇親会で待ち合わせの連絡を学生さんからいただきました。
〜湯浅先生へ○月○日○時から〇〇駅改札前です!お待ちしてま〜す!〜
ここはOK!親しさが込められた“ま〜す”が入っていて嬉しい限り。
お返事も“よろ!”と格好つけて若い風を装って返信(笑)
お若い方に言わせると“よろ!”はすでに
古い表現らしいとか???
そこに返信が来ました。
“り”
ん?“り”って…きっと何かを打ち間違いたに違いないと、次のLineを待っていますと、何の音沙汰もない。。。
懇親会当日にこれが明らかに…
『この前の、”り“ってあの後、何を書くつもりだったの?』と聞くと『えっ?何だろう?』と学生。
私のスマホを見せながら『ほらっ』と私が言うと『先生、“り”は了解っす』と。
ちょっと前まで若い方々は“了解”を“りょ”と簡略化していたのは知ってましたが、さらに短くなって“り”=了解。
こりゃ、私の理解を超えてます。
でもお若い方々はそれで通じているわけですから凄いもんです。
<了解→りょ→り> いやあ、伝える難しさと言うより世代なんでしょうね。
全く、恥ずかしい思いでした。若い人の省略語が正しいとか正しくないとかはここでは問題視してません。単に、世代によって伝え方が異なると言うのが今の時代難しいと申し上げたいわけです。
だから…
年齢、世代、環境別に伝え方を選べば良いんだと思うんですよね〜
思いやりって言うか、他人への優しさってやつですね。
つまりは…伝えるって言うのは伝える人の優しさが映し出されるってことなんです。みなさん!私には優しく話してくださいね(笑)
あっ、私だけでなく、他の方にも!

次回も“伝える”に関するお話の予定です。

本日はご来店誠にありがとうございました。
店主敬白

ページの先頭へ戻る