グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > 創業・新事業進出フォーラムに電気電子工学科成田教授が出展

創業・新事業進出フォーラムに電気電子工学科成田教授が出展


2015年10月16日、藤沢市の藤沢商工会館で「第2回創業・新事業進出フォーラム」が開催され、本学電気電子工学科の成田知巳教授が出展しました。

同フォーラムは、企業間交流と先端技術の情報交換を目的に、湘南発の企業による基調講演と、「創業」「新事業進出」「産学連携」のテーマに合わせた展示が行われました。主催は、湘南新産業創出コンソーシアムと公益財団法人産業振興財団。

展示ブースとプレゼンテーションでは、新事業を展開する企業15社と、本学のほか慶應義塾大学、日本大学、文教大学の湘南地区の4大学が研究成果や独自技術を発表しました。

成田教授は、送電鉄塔に及ぼすカラスの営巣の調査結果とその対策法を紹介しました。カラスが送電鉄塔に、ハンガーや針金などの金属材料を含む巣を作り、それらが送電線に触れることによって起こる停電事故が発生しています。送電鉄塔のどの部分に多く営巣するかの実態調査と分析を行い、営巣防止用具を設置することで、効率良く効果を上げることを明らかにしました。展示ブースには、興味を持たれた参加者が次々に訪れ、意見や情報交換を行いながら交流を深めていました。

ページの先頭へ戻る