グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > 高野研究室の産学共同作品がテレビ神奈川で紹介されました

高野研究室の産学共同作品がテレビ神奈川で紹介されました


2016年10月23日(日曜日)、本学の総合デザイン学科 高野研究室と、株式会社オーテックジャパン デザイン部(神奈川県茅ケ崎市)が共同で企画・デザインを進めた四輪自転車が、テレビ神奈川の「クルマでいこう!」で紹介されました。

この四輪自転車「Power assisted QUADRACYCLE」は、今後の超高齢社会における医療費・介護費用の増大などの社会保障費問題に対応すべく、健康寿命を延ばすとともに高齢者の生活の質を向上させることを目的としています。
乗ることで高齢者の健康維持に繋がり、また倒れにくい構造は主婦や若者も安心して乗れるユニバーサルデザインのため、さまざまなシチュエーションに対応できます。加えて、車体にはECOも考慮した成型合板構造を取り入れています。

この開発には、同研究室に在籍する木村圭汰さん(大学院機械工学専攻前期課程1年)も主要メンバーとして加わり、研究室の一大プロジェクトとして進めてきました。

番組では、未来のクルマを紹介する「クルマの明日」コーナーで、同四輪自転車の特性や必要性などが取り上げられました。

同番組の再放送は、以下の通りで放送されます。

テレビ神奈川「クルマでいこう!」(10月23日再放送)
2016年10月29日(土曜日) 11時00分~11時30分

ページの先頭へ戻る