グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > 本学初のミュージックビデオ風イメージ映像が完成しました

本学初のミュージックビデオ風イメージ映像が完成しました


この度、湘南工科大学は、初めて本格的な大学イメージ映像を制作しました。

これまで本学では、大学の学びや学生のキャンパスライフを紹介する映像を制作してきましたが、今回はプロのミュージシャンが本学のために書き下ろしたオリジナル楽曲を使用し、大学イメージをミュージックビデオ風のスタイルで紹介する作品となっています。

制作にあたっては、数多くの映像作品や映画を手がける柴山健次さんを監督に迎え、10月1日に撮影を行いました。撮影には本学学生もキャストおよびエキストラ、技術操作スタッフとして参加しました。また、映像のCG加工でも学生が制作に携わっていて、学生にとっても本格的な映像制作の現場を体験できる貴重な機会となりました。

内容は、湘南工科大学に入学した一見冴えない主人公が学生生活と恋愛を通して、自分の目標を見つけて成長していく様子を描いた作品です。
軽快なオリジナル楽曲と主人公の思いが詰まった歌詞をイメージしながら、学内の様子や雰囲気を楽しんでご覧ください。
タイトル 湘南工科ラプソディ ~最大公約数の恋~
公 開 日 2017年1月23日(月曜日)
公開場所 湘南工科大学公式Webサイトおよび湘南工科大学公式Youtube
監  督 柴山 健次
愛知県出身 大阪芸術大学芸術計画学科卒
ENBUゼミナールに参加。担当講師、篠原哲雄監督に師事。
2005年に監督デビュー。2006年に製作した監督作品「黒振り袖を着る日」がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭奨励賞(2008年)を受賞。2011年「君の好きなうた」が長編劇映画第1作目として公開され、2015年には、NHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロイン・波瑠が主演する映画「流れ星が消えないうちに」で監督・脚本を務める。
音  楽 ベクトル・ユーゴ
シンガーソングライター青葉祐五によるソロユニット。
オリジナル曲は100曲以上。自身の活動以外にも、Boys Republic、平野綾、Max boys、サラブレンド、タオルズなど他アーティスへの歌詞提供も行っている。

お問い合わせ

上記に関するお問い合わせは入試課・広報までご連絡ください。
【電話】0466-30-0259 【FAX】0466-34-4022
【受付時間】 平日:8時30分~18時00分/土曜日:8時30分~12時30分
E-mail:koho@center.shonan-it.ac.jp

ページの先頭へ戻る