グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > バドミントン部が春季県リーグ男子ダブルスで優勝しました

バドミントン部が春季県リーグ男子ダブルスで優勝しました


2017年5月14日より開幕された「平成29年度春季神奈川リーグ大会」において、本学バドミントン部が男子ダブルスCクラスで優勝、準優勝しました。また、男子シングルスCクラスにおいても3位の好成績を収めました。

同部主将の末廣直輝さん(機械工学科3年)は、「今大会は、練習が少ない中での出場となりましたが、結果を残すことができ、嬉しく思っています」と大会を振り返ります。「この結果を踏まえて、秋季大会に向けてさらに練習に励んでいきます」とも話しています。

今大会では、1年生の活躍が目まぐるしく、今後の大会でもバドミントン部の活躍に期待が寄せられています。

大会結果

男子ダブルスCクラス 優勝 西田 拓斗(コンピュータ応用学科1年)
鷲頭 拓竜(機械工学科1年)
準優勝 新海 智之(電気電子工学科1年)
野口 友之(コンピュータ応用学科1年)
男子シングルスCクラス1 第3位 末廣 直輝(機械工学科3年)
西田 拓斗(コンピュータ応用学科1年)

ページの先頭へ戻る