グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > WEEKDAY CAMPUS VISIT 開催レポート(11月23日)

WEEKDAY CAMPUS VISIT 開催レポート(11月23日)


2017年11月23日(木曜日・祝日)、湘南工科大学で「WEEKDAY CAMPUS VISIT(WCV)」を開催しました。
WCVは、高校生が大学のキャンパスで大学生が受けている授業に参加し、入学後と同じ「普段の一日」を体験するプログラムです。
ガイダンス、授業参加、振り返りワークを通して、オープンキャンパスとは違った角度から大学を知ることができます。

進路や学部選択などの参考に大学の授業を受けてみたいと、さまざまな学年の高校生が集まりました。

まず、ガイダンスではコーディネーターが、1日の流れと授業を受けるポイントなどを説明しました。
その後は、シラバス(講義要綱)を確認しながら、自分の受けたい授業を2つ選択。 授業の内容はもちろん、先生や学生の様子を確認することができます。

授業を終えた後は、今日一日の「振り返りワーク」を行いました。
授業を受けて新しく気づいたことを書き出して、参加者同士で情報を共有し、大学についての考えを深めました。

当日の様子

参加者の声

  • 自分の好きなものがどうやってできているのかが授業に参加してよく分かりました。気持ちにも変化が起き、大学は楽しいところだと思いました。(高校3年生)
  • 実際の大学生を見ることができたし、オープンキャンパスでは気づかなかったことも発見できたので良かったです。(高校3年生)
  • ゲーム制作について具体的なイメージを持つことができてよかったです。(高校3年生)
  • 授業で学生が自分たちの意見を積極的に発表していたのが印象的でした。自分の意見や考え方の幅が広がる気がしました。(高校3年生)


ほかにも「振り返りワーク」では、参加者のさまざまな気づきが付箋に書かれていました。

「明るく楽しい学生が多い」「初めての人でも優しく指導してくれる先輩がいた」「学生が自分から学んでいる」「授業でいろんなソフトを使っていてびっくりした」「パソコンの台数が多かった」「海が近い」など。


参加された高校生の皆さんは、今日一日、大学生と同じ目線で過ごすことによって、新しい発見や今後の課題、目標などが見えてきたことと思います。ぜひ今日の体験を、今後の進路・職業選択に役立ててくれればと思います。

ページの先頭へ戻る