グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > 機械工学科の2研究室が「TRON Symposium」に出展します

機械工学科の2研究室が「TRON Symposium」に出展します


2017年12月13日(水曜日)~15日(金曜日)、東京・六本木の東京ミッドタウンで開催される「2017 TRON Symposium」に、本学機械工学科の加藤和弥研究室と野中誉子研究室が出展します。主催はトロンフォーラム。

同シンポジウムは、IoT (Internet of Things)、ユビキタス・コンピューティングの最先端技術を展示紹介するもので、今年は約30の企業と政府・自治体、海外団体、大学8校が参加を予定。

本学からは、高精度・高能率を実現する切削・研削加工の研究を行っている加藤研究室が「IoTを活用したマシニングセンタの切削振動監視装置」について紹介するほか、野中研究室では、複数のセンサや測定機器のデータをサーバに集積し、姿勢や挙動を推定する「運動モニタリングにおけるIoT活用の研究」について研究成果を発表します。

近年、モノに通信機能を持たせてインターネットにつなげる「IoT」の実現化が進み、注目されています。当日は、大学院生をはじめ研究室の学生も参加しますので、ぜひ、ご来場ください。
2017 TRON Symposium
開催日程 2017年12月13日(水曜日)~15日(金曜日) 10時00分~17時00分
会  場 東京ミッドタウン
入場料 1,000円
事前登録をしていただくと無料で入場できます。

ページの先頭へ戻る