グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > 総合デザイン学科の松村研究室がCEATEC JAPANに出展します

総合デザイン学科の松村研究室がCEATEC JAPANに出展します


2018年10月16日(火曜日)~19日(金曜日)、千葉・美浜区の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」に、本学総合デザイン学科 松村耕助教の研究室が出展します。

同展示会は、CPS/IoTをキーワードとして、あらゆる産業・業種による「共創」を基本としたビジネス創出と、技術および情報交流などを一堂に会する場を設け、経済発展と社会的課題の解決を両立する「超スマート社会(Society 5.0)」の実現を目指し開催されるもので、規模はアジア最大級を誇り、さまざまな職種の来場者が訪れます。

松村研究室は、テクノブレイブ(東京・千代田区)と「共創」で開発を行った、建築デザインの研究用VR作品を出展します。横浜三渓園の実測や文献調査をもとに制作した3DモデルをVR化したもので、これにより今まで難しかった建築デザインや空間デザインの実物を体感してもらうことが可能になり、研究成果をより人に伝えることができるようになりました。

実際に見えない空間をイメージすることができる貴重な作品ですので、将来の空間デザイン教育におけるツールとなることを見据えた研究・教育用VRとしての活用が期待されます。

当日は学生たちが設計・施工したブースで、実際にVR作品を体験できますので、ぜひご来場ください。
CEATEC JAPAN 2018
開催日時 2018年10月16日(火曜日)~ 19日(金曜日)10時00分~17時00分
会 場 幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)

ページの先頭へ戻る