グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




博士前期課程


社会で活躍できる技術者・研究者となるためには、個々の専門分野だけでなく、大学院生としての共通的な基礎力向上と幅広い知識を持つことが必要とされる。このために専攻共通科目として、英語、データサイエンス、キャリアの各科目が準備されている。

英語科目

科学技術に関するアカデミックな英語基礎力の獲得を目標とする「アカデミック英語」と、国際会議や英語論文の作成などに必要な構文や文法を学び、自ら英語論文が書ける指導を行う「技術英語」が準備されている。「アカデミック英語」は必修科目であり、技術英語」は選択科目である。

データサイエンス科目

「データサイエンス基礎」では、AI、データ分析・能力、ITS、情報収集技術、プログラミング方法などの基礎を学ぶ(主に機械工学専攻対象)。また、既にデータサイエンスの基礎を学んでいる学生を対象とした「データサイエンス発展」では、人工知能技術の中で活用されるパターン認識,統計的学習理論,非線形問題最適化の3 応用テーマを学ぶ(主に電気情報工学専攻対象)。この2つの科目は選択必修科目であり、「基礎」または「発展」のどちらかを履修する必要がある。

キャリア科目

学生の意識改革や対人関係能力を伸ばす方法を学ぶためのグループワーク形式の科目「コミュニケーション」と、学生の将来計画や就職支援を図る目的として、体験を通して学ぶための「エンジニアリングキャリアプラン」が設けられている。これらの2科目は必修科目である。

ページの先頭へ戻る