グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 共通基盤科目

共通基盤科目


社会に出てからも役立つ学びの基盤をつくります
湘南工科大学のカリキュラムを特徴づける、中心的な科目です。
学びに向き合う姿勢を固め、大学での学修をより有意義なものにするとともに、2年次まで必修科目として行うことにより、将来にわたって成長し続けるための素地をつくり、社会で役立つスキルを磨きます。「6つの汎用的能力」を身につけ伸ばすことを目的とした1・2年次の全学必修科目です。

共通基盤ワークショップ1A・1B

1年次の前・後学期に開講され、各テーマ35人程度のクラスでグループワーク形式の授業を行います。“必要な情報を集める→課題を見つける→対応を考える→結果をプレゼンテーションする”という流れをメンバーとの協働で実践。各グループで得られた学びを、クラス全体で共有することで新たな課題を見つける、といった主体的な学びのサイクルを繰り返し行います。この授業では、提示されたテーマをきっかけに、“学び方を学ぶ”ための内容が展開されます。
テーマ例(2021年度参考)
  • スポーツを創造しよう
  • エネルギー問題について考える
  • 「 豊かさ」とは何だろう?
  • 社会問題を解決に導く工学とは
  • サイエンス・リテラシを身につける
  • 自分がやりたい仕事を見つける
  • 異文化理解を深めよう

共通基盤ワークショップ2A・2B

2年次の前・後学期ごとに、約20のプロジェクトテーマが展開されます。25人程度の小規模クラスでPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)を実施。専門性の高い内容を扱い、企業と連携した授業も一部のクラスで行われます。この授業では、メンバーシップの意識をさらに強固なものとし、“学びと社会の関係”を考えることを目的とします。目標達成には何が必要かを考え、課題解決の提案やアイデアを具現化するプロトタイプ制作などにも取り組みます。
テーマ例(2021年度参考)
  • 就活試験攻略プロジェクト
  • スポーツSDGsプロジェクト
  • 未来予想図作成プロジェクト
  • 3Dゲーム制作プロジェクト
  • 湘南産官学連携アプリプロジェクト
  • 地域デザインプロジェクト
  • 数学発見プロジェクト

ページの先頭へ戻る