グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 総合デザイン学科

総合デザイン学科


プロダクトから空間までのデザインを総合的に学び、未来の豊かな社会を創る力を養います

考えては創る、創っては考える。その往復を重ね、デザインとテクノロジー両方の感性を育みます。思考と感覚とが入り混じる鍛錬を通じ、さまざまなテクノロジーが複雑に絡み合う社会をデザインするための発想力と実践力を身につけたクリエイターを育成します。

作品制作を通して
柔軟な発想と実践力を磨きます


総合デザイン学科では、空間デザイン、プロダクトデザイン、エンジニアリングデザインを軸とし、映像、サウンド、プログラミング、機械設計、3DCADやVRなどの授業が展開されます。椅子を「transformation(変態)」する課題では、モデルとなる椅子を分解し、部品を組み替えることで、見る人に新しい感情を与え、座った人にこれまでに感じたことのない身体性を感じさせる作品を作り出しました。実際に手で作ることで、分野にとらわれない柔軟な発想と具現化する実践力を養います。

キーワード

#プロダクトデザイン #空間デザイン #エンジニアリングデザイン #メディアデザイン #インタラクションデザイン

ページの先頭へ戻る