グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 教職センター

教職センター



教職センターの概要

教職センターについて

教職課程を履修する学生に対して、修学支援や就職支援を行う「教職センター」が2017年4月に発足しました。スタッフは、教職センターを主務とする教職課程専任教員、各学科の専任教員より選出された教員、教職アドバイザーの特別講師で構成され、教職課程の講義・演習を担当するほか、個別相談、自主学習のサポート、教育実習のサポート、教員採用試験対策、情報提供など、教員免許を取得し教員採用試験に合格するまでの支援を行っています。

また、教職課程センターでは、近隣の自治体の教育委員会と連携をし、大学における実践的で深い学びができる機会を提供しています。ほかにも模擬授業、教員採用試験対策講座や模擬面接講座、教員として活躍する卒業生との交流会など、さまざまな企画も実施しています。卒業後も教員になった卒業生のサポートを行っているので、安心して教鞭を執ることができます。教職を目指す学生が、気軽に教職センターを利用してくれることを期待しています。

教職センター長ご挨拶

湘南工科大学では、2017年度より「教員養成機能」と「交流・支援機能」を有する「教職センター」を開設し、教職課程を履修する学生の指導・支援を行っています。教職センターは、本学における教育職員養成課程の運営を行うとともに、教職課程の充実に努めることにより、質の高い教育職員を輩出し、近隣地域さらには我が国の教育の振興・発展に資することを目的(理念)としております。

「教員養成機能」においては、6学科すべてにおいて実質的な連携を目指して兼務教員を組織し、所属学科の専門課程修了と同時に教職課程も修了できる(各種免許状の取得)体制を整えています。本学の場合、技術科・工業科の免許取得が主であることから、工学系単科大学での専門教育は、技術あるいは工業の科目を現場で教授する際に、ゆるぎないバックボーンとなります。これは、教職に対する理解と実質的な指導が可能な各学科の専任教員(教職センター兼務教員)と、教職スペシャリストである教職課程の専任教員とが連携協力することで、はじめて可能となります。このように本学では、工学の専門教育の指導を通じて、既存技術の理解や未来技術なども語ることができる教員養成を行っています。また、県内外における本学卒業生の現役教員が多数いることから、教育実習や課外活動なども含めて、学外関係機関との連携協力も積極的に進められています。

「交流・支援機能」においては、教職センター発足時より、本学卒業生の中学・高校現役教員の方々との交流促進を目的として、毎年8月期には「教職ワークショップ」を企画・運営しています。回を重ねる度に卒業生のネットワークも強化され、教職を目指す学生にとっては大変有意義なイベントとなっているものと考えています。一般企業への就職においては近年、インターンシップ参加が当たり前となりつつありますが、教職を目指す学生に対してもインターンシップと等価な機会を創出することは、教職センターとしての一つの任務と考えています。現役教員(社会人の先輩)と繋がる機会は、学校現場の様子を知り、自分の将来をイメージすることに役立つと考えられます。

時代の変化に対応して、国が目指すべき教育の在り方が議論され、具体的には学習指導要領の改訂といった形でそれが実現されていきます。教職センターでは、こういった社会情勢が激しく変化する状況下においても、大学に求められる社会的役割と責任を十分に自覚すると同時に、教員に求められる資質保証を考えた教職カリキュラムの充実や質の向上に努め、「質の高い教員を目指す学生のオモイ」に応えていきたいと考えています。

教職センター長 佐藤博之

教職課程の情報公開

情報公開についてはこちらをご覧ください。

教員免許の取得について

取得できる免許の種類

本学では、技術教育、工業教育、情報教育、数学教育の振興のために、それぞれに対する教職課程を設けています。将来教員になることを希望する人は、この課程を履修し「教育職員免許状」を取得することが必要です。各学科で取得できる免許状は、以下の通りです。

一種免許
本学工学部の各学科では、以下の学校種及び教科の一種免許状が取得できます。
学科名/免許状の種類 中学校教諭一種
技術
中学校教諭一種
数学
高等学校教諭一種
工業
高等学校教諭一種
情報
高等学校教諭一種
数学
機械工学科
電気電子工学科
情報工学科
コンピュータ応用学科
総合デザイン学科
人間環境学科
専修免許
本学大学院工学研究科の各専攻では、高等学校工業科の一種免許状を取得済みの学生に対し、所定の単位数を修得することで、高等学校工業科の専修免許を取得することができます。

必要単位数

一種免許
工学部各学科での一種免許の取得には、以下の表に該当する授業を履修し、単位を修得する必要があります。各学科のどの授業がこれに該当するかについては、「学生生活の手引き」をお読みください。
中学校
一種
高等学校
一種
教科及び教科の指導法に関する科目 28 24
教育の基礎的理解に関する科目 10 10
道徳、総合的な学習の時間等の指導法及び生徒指導、教育相談等に関する科目 10 8
教育実践に関する科目 7 5
大学が独自に設定する科目 4 12
専修免許
高等学校工業科の専修免許の取得には、高等学校工業科の一種免許に加えて、大学院修士課程で開講される「大学が独自に設定する科目」を追加で24単位以上修得する必要があります。本学の大学院工学研究科では、全ての授業科目を「大学が独自に設定する科目」として教職課程の単位とし、免許を申請することが可能です。

費用

湘南工科大学では、教職課程の履修自体に特別な費用は発生しません。ただし、以下の場合に費用が発生します。
また、金額は2019年4月現在のもので、今後変更の可能性があります。
  • 介護等体験費用:7,500円
  • 教育実習費用:実習先の学校によって異なります
  • 免許状申請費用:1免許状につき3,300円

免許の有効期限と更新

教職課程を修了して取得した免許には、10年間の有効期限があります。免許所持者は有効期限が切れる前に、教員免許状更新講習を受け、有効期限を更新する必要があります。

既に免許をお持ちの方は、更新時期を文部科学省の下記ページで確認できます。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/013/1420173.htm

イベント情報

第55回松稜祭「工作教室」出店

教職センターでは、本学卒業生の現役教員のご協力のもと、第55回松稜祭にて「工作教室」を以下の通り開催することとなりました。

開催概要
  • 日時:2019年11月2日・3日 11:00~14:30 (終了時間は変更の可能性有)
  • 場所:4号館前「模擬店エリア」内
  • 内容:バスボムづくり・竹とんぼづくり
  • 対象:どなたでも参加できますが、材料に限りがあるため、参加者多数の場合は小学生以下のお子様優先とします
  • 参加費:無料

代表学生より
工科大学の教職課程らしい模擬店で、子供たちには工作を通してモノづくりの楽しさを知ってもらい、また私たち学生も、卒業生との交流や子供たちとのかかわりを経て今後に活かしていきたいと思っています。バスボムや竹とんぼづくりを現役の先生方を交えながら行う工作教室、自分の手で物を作る楽しさを体験できます。よろしければぜひご参加ください。
工作教室学生代表 工学部人間環境学科3年 竹内 健人

第3回教職ワークショップを開催しました

教職センター主催の「第3回講演会&ワークショップ」を、2019年8月5日(月)に行いました。

本年度のワークショップは、基調講演を本学卒業生の藤沢市立湘洋中学校教諭 橋本 将行 先生 にお願いし、その後に本学を卒業された先生方と学生および教員を交えたグループ・ワークを行い,卒業生・在学生・本学教員をあわせて115名のご参加をいただきました。

撮影した写真等は、後日ご参加のみなさまに配布いたします。その際は改めてご連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

ご参加いただきました皆様に御礼申し上げますとともに、引き続き本学の取り組みへのご協力をお願い申し上げます。

お問い合わせは kyoshoku@center.shonan-it.ac.jp まで。

卒業生登録フォーム

湘南工科大学卒業生の方で教職に就いている方は、こちらより情報をご登録ください。今後、教職センター主催のイベント等をご案内いたします。
なお、ご登録いただいた情報は、教職センターからのご案内および同センターの学生指導のみに利用し、登録者の同意なく、そのほかの用途への利用はいたしません。

社会連携・協力機関

湘南工科大学教職センターでは、神奈川県内の中学校・高等学校の教員の研修等に資するため、また在学生のさらなる学修を促すため、学外の様々な機関と連携・協力をしています。

横浜市教育委員会相互交流システムへの登録

本学の卒業生には、横浜市内で教職についている方々も大勢います。このシステムは、「連携大学における教員養成や学校における教員の資質・能力の向上のために、大学と横浜市が協力・支援し合うことのできる体制」をつくるために、横浜市教育委員会が運用しているものです(『令和元年度横浜市相互交流システムガイド』より)。本学教職センターの教員もこちらに登録し、横浜市の中学校及び高等学校からの派遣依頼に応えていきます。

こころ検定

こころ検定試験は、メンタルケア学術学会の主催する検定試験です。平成30年8月より文部科学省後援検定試験となりました。こころ検定4級、3級、2級、1級へと段階をおって心理学を学び進めていくことで、こころの問題を理解し、適切な対象を行うために必要となる体系的な知識および技能を身につけていただくことを目指します(こころ検定Webページより)。詳細はこちらをご覧ください。

学校の教員を目指すにあたり、取得をお勧めする検定です。

一般財団法人ヘルスケア産業推進財団

この法人は、「ヘルスケア産業を支える人材を育成するため、ヘルスケア産業に関する教育内容を適正に評価するとともに、ヘルスケア産業に関する普及啓発活動等を通じて、ヘルスケア産業の発展に寄与し、もって健康長寿社会を実現し、社会保障費の抑制及び国民生活の向上を図ること」を目的としています(財団Webページより)。詳細はこちらをご覧ください。

教職員のメンタルヘルス対策を支援する活動も行っています。本学教職センターの北見講師が理事を務めています。

教職センター教員一覧

教職センター長

教職課程専任

教職アドバイザー

飯島 広美 特別講師
垣地 史朗 特別講師

各学科専任・教職センター兼務

コンピュータ応用学科
岡崎 秀晃 教授

総合デザイン学科
木村 広幸 講師

人間環境学科
眞岩 宏司 教授

お問い合わせ

教職センターに関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

【窓  口】 4号館2階 教職センター室1・市山研究室・北見研究室・原研究室
【受付時間】 授業開講期間中:平日 10時00分~16時00分
       授業開講期間外:不定期(教職センター室1は閉室)
       ※ 教員の授業及び出張等の都合で、受付時間内でも対応ができない場合があります。予めご了承ください。
【 E - mail 】 kyoshoku@center.shonan-it.ac.jp

ページの先頭へ戻る