グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 情報工学科 > 学科の特色

学科の特色



学びの特徴

1 社会・産業界で活躍する
ICT技術者の育成
ソフトウェア・ハードウェア・ネットワークを中心に、パソコン・タブレット端末・スマートフォンを含むコンピュータやインターネット、セキュリティなどに関するさまざまなICT技術を学びます。
3年次からはより専門性の高い、卒業後を見据えた高度な領域を学修します。
2 AI、VR・AR、ゲームの
プログラミング技術の習得
近年、注目を浴びているAI、VR・AR、ゲームなどについて、基礎から実践的に学びます。授業中に実際にコンピュータを使ってプログラミングをしながら知識と技術を身につけます。これらの技術の普及の先にどのような世界や未来が広がるのかを探りながら、さまざまな視点から学ぶことができます。
3 将来に役立つ
資格の取得
情報系の仕事に役立つ実践的な授業が多く、ITパスポート試験や基本情報技術者試験などICT系資格の取得を目指します。教職免許で取得できる教科が多いのも特徴です。
将来、SEとして働く際に、会計ソフトのシステム構築などで、持っていると有利なファイナンシャルプランナーや簿記などの資格取得のための授業もあります。

情報工学科

1.ゲームプログラミング:DirectXを用いたアクシ1 ョンゲームをもとに、オリジナルのゲームを制作 2. 数値計算プログラミング:C言語を用いて、モノづくりに必要な数値計算を行う 3. 初級プログラミング実習:アドベンチャーゲームの制作や、LEGOロボットを動作させることにより、プログラミングに慣れ親しむ 4.プログラミングのための基礎数学:数学の問題を解くことにより、プログラミングの基本を身につける 5・6. 論理回路:コンピュータを構成する最も基本となる論理回路について基礎理論を学ぶ 7. VR・ARアプリケーションやデバイスの製作・実装を通しプログラミングを学修

学びの分野

情報システムの開発

対話型コンピュータシステムやAIに利用される、情報システム関連の技術を学びます。安全に情報システムを利用するための知識・技術、ソフトウェア開発やスマートフォン・Webなどのアプリケーション開発に必要な知識・技術も修得します。

コンピュータの設計・実現

コンピュータやネットワークを構築するための技術を修得します。コンピュータの仕組みや構造、論理回路の原理を学び、情報機器・ハードウェアを設計する知識・技術も学修します。ネットワーク技術を学ぶことで、通信技術の基礎も修得できます。

コンピュータ情報処理の原理

プログラミングの基礎となる数学(線形代数、基礎解析、統計解析、離散数学など)から、数値解析、アルゴリズムやデータ構造まで学ぶことで、ソフトウェア開発者に必要なプログラミング力を強化します。

情報技術の応用

情報処理技術者として必要な一般知識から専門分野の知識まで、レベルに合わせた知識を修得します。IT演習基礎、情報処理技術演習、金融情報処理、会計データ処理の技術を学ぶことで、さまざまな資格取得が可能になります。

トピックス

プログラミングコンテストへの挑戦をサポート

授業時間以外にも積極的に学びたい学生たちのために、さまざまなプログラミングコンテストに挑戦するためのプロジェクトを用意しています。プロジェクトごとに、学生が自由に教室とパソコンを使えるようにしています。
1年次生から大学院生まで集まって学年の枠を越え、自ら考え、教え合い、学生が主体的に取り組める環境を整えています。

ページの先頭へ戻る