グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 湘南工科大学の学び

湘南工科大学の学び


MOVING UP!

湘南工科大学の学び

主体的な学びを促し、汎用的能力と専門分野の知識・技能を修得した、時代の変化にも対応できる技術者の育成を目指す本学のカリキュラム。
学びの冒険へ旅立ち、社会で生き抜くための大きな翼を手に入れよう。


自分をレベルアップさせる学びのステージ
湘南工科大学の授業は、学生と教員が協働して目標を達成するためのプロジェクトです。そこでは、学生一人ひとりが自分の役割を意識し、強みを生かし弱みをカバーし合いながら協力して学修を進めていくことが求められます。
これにより“チームの一員としての意識を持って行動する”という、社会人にとって重要な基本姿勢を身につけることができます。
共通基盤科目
プロジェクト型学修で汎用的能力を伸ばし学びの基盤をつくります
社会人基礎科目
社会人として必要な知識と技術を修得
学科専門科目
技術者として社会に貢献するための知識と技術の修得
卒業までに必要な単位数
卒業の要件として、学科ごとに規定されたすべての必修科目の単位を修得した上で、共通基盤科目を8単位、社会人基礎科目を32単位以上、所属学科の専門科目を70単位以上、自由科目を14単位以上、合計で124単位以上修得する必要があります。

※自由科目:「社会人基礎科目」で32単位を超える科目と、「学科専門科目」で70単位を超える科目に他学科の「専門科目」を含めることができます。

授業内容を確実に身につけられる
ようにCAP制度を導入しています
各授業で目標とする力と知識・技能をしっかり身につけるには、授業以外の時間にも予習復習などの学修をすることが不可欠です。1つの学期に履修できる科目数を制限することで、必要な授業外学修時間を無理なく確保できるよう、上限を20単位に設定しています。
極めたスキルを装備して、さらなる冒険へ
本学の授業では、6つの汎用的能力に専門分野の知識・理解と技術・活用を合わせた8つの指標に対して、どれを重点的に身につけ伸ばすことを目標とするかを明確に設定しています。自分の強みと弱みを知り、将来の目標に向かって何を伸ばし、どこを改善するのかを考え適切な授業を選択して学修を進めていきます。
6つの汎用的能力

受けとる力

受けとる力
情報を受けとって理解・判断し的確に対処する。

深める力

深める力
課題を考察し、解決の手段とそれに必要な知識・技術を見出す。

進める力

進める力
計画を立て、実行し結果を振り返り改善するサイクルを継続する。

高める力

高める力
高い目標に主体的に挑戦して、自らの能力を向上させる。

伝える力

伝える力
客観的事実や自らの考えを言葉や文章でわかりやすく正確に表現する。

つなげる力

つなげる力
確かな人間性と社会性を持ち、集団の中で自らの役割を果たす。

授業時間

湘南工科大学の授業は1時限が90分です。
実験や実習では2時限続けての授業になります。
また、1年間の授業期間は、4月から9月までの「前学期」と、10月から3月までの「後学期」に分かれています。
開始と終了の時刻
1時限 9時00分~10時30分
2時限 10時40分~12時10分
昼休み 12時10分~13時00分
3時限 13時00分~14時30分
4時限 14時40分~16時10分
5時限 16時20分~17時50分

ページの先頭へ戻る