グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 工学部 > 総合文化教育センター

総合文化教育センター


総合文化教育センターでは、社会人基礎科目の中から「人間と社会」「外国語」「健康とスポーツ」と「教職」4つのセクションで構成されています。
総合文化教育センターが担当している授業のほとんどが全学科共通の必須、選択必修であるため、学科を超えた学び、そしてコミュニティーの場を提供しています。
また、総合文化教育センターの専任教員は、共通基盤ワークショップ1A、1Bを担当しています。1年次の学修を総合文化教育センター全体でサポートしています。

セクションの紹介

人間と社会

哲学・心理・歴史などの人文系(1年次)、法・政治などの公共系(2年次)、国際政治・外交・安全保障などの国際系(3年次)、経済・経営・会計などの経済系(3年次)の4つ系で、社会人基礎科目を段階的に展開しています。2・3年次科目は、少人数クラスでのアクティブラーニング型授業となっており、明るく楽しい学修が進められています。

外国語

英語教育を中心とした外国語科目(韓国語、中国語、ロシア語)と留学生のための日本語も用意することで、グローバル時代にふさわしい語学力の育成を目標としています。英語やほかの外国語の外部検定試験も紹介しており、英語のTOEICや工業英検などは本学でも受検可能です。英語の授業では、基礎的力をつけると同時に、ポスター・プレゼンテーションなど、学生の英語発信力を高める内容の授業も展開されています。また、海外語学研修(英国)が2014年度から実施されており、2週間のプログラムに参加しています。

健康とスポーツ

原則的に実技科目を開講しており、汎用的能力の育成と生涯を通して続けられるスポーツを発見することを目標にしています。そのため、授業では、ルールを守り、仲間と楽しく運動を行うことに主眼が置かれています。唯一の講義科目である「生涯スポーツ論」では、スポーツの歴史や、運動がなぜ身体に良いのかなど、スポーツをさまざまな視点から幅広く学びます。また、夏の集中講義では、全国的にも珍しいサーフィンとボディーボードの実技も受講できます。これらの授業を通じて、ストレスや無理のない形で運動を生活に取り入れ、自らの健康をデザインすることができるようになります。

教職

各学科のカリキュラムを通じて教科に関する工学的な知識・技能を身につけ専門性を高めるとともに、幅広い教養を基礎とした教育に対する深い認識をもち、豊かな人間性を併せ持つ教員を養成することを目標として、中学校の数学・技術、高等学校の数学・工業・情報の免許状取得のための教職課程科目を開講しています。1967年の教職課程設置以来、多くの教員を輩出しており、特に中学校の技術科の教員育成については、神奈川県内で高い評価を受けています。

湘南工科大学教職センター

詳しくは「湘南工科大学教職センター」をご覧ください。


企業経営 / 平山 勉 教授

『企業経営』は社会人基礎力の仕上げを目的とした3年次選択必修科目です。授業では、終身雇用・年功序列賃金・マーケティング・企画開発・ブランディング・ステークホルダー・働き方改革・ハラスメント・M&A・経営破綻など、経営をめぐるさまざまなトピックを取り上げています。学生は、予習課題として事前に調査をして、授業内のグループワークで議論を深め、プレゼンテーションを通じて自分自身の考え・意見をまとめていきます。

学びと関連深い資格・検定 公務員試験・簿記検定・販売士(日本商工会議所)・経営学検定・経済学検定

教職入門 / 市山 雅美 教授

『教職入門』は1年生の教職課程の授業です。教員という職業へのイメージを持つことが、教職入門の目標の一つです。今回の授業は、教師の長時間労働についてのグループ討論です。宿題で、課題文を読み問題点と解決策を各自考えてきた上で議論しています。司会係、記録係、時間係を決め、学生たち自身で話し合いの進め方を考えています。各グループの議論の記録は、後日Web上で見られるようにして、お互いの議論を共有します。

学びと関連深い資格・検定 教員免許

国際政治経済 / 長谷川 将規 教授

「政治」と「経済」は密接に関連しています。特に今日のグローバル時代では、モノ、お金、情報、人間が頻繁かつ大規模に国境を越え、政治と経済が相互に関連するさまざまな問題が発生しています。『国際政治経済』では、政治と経済が複雑に交錯する今日のグローバル時代において、どのような問題が生じているのか。また、これらの問題に対処するにはどうしたら良いのかを考えます。講義用レジュメを使用し、質疑応答の時間も十分に取りながら、進めていきます。

学びと関連深い資格・検定 公務員試験・在外公館専門調査員・通関士・貿易実務検定・語学検定

スポーツ発展A / 是石 直文 准教授

『スポーツ発展』では、座学と実技を組み合わせることで、運動に関する知識を身につけながら、その知識を実際に使用しながら深めていきます。授業内容は、学生グループが主体となりながら、スポーツイベントの計画と運営をしていきます。その経験から、準備の仕方や他者との関わり方などを実学として身につけます。

スポーツ基礎A / 榊 淳一 准教授

『スポーツ基礎』は、社会人基礎科目の1年次必修科目として設定されています私が担当するニュースポーツでは、これまでに経験したことがないスポーツを行います。さらに、単にスポーツを行うだけでなく、チームでの目標設定、試合での戦術の決定、チームの課題の抽出、課題克服のための練習の計画をチームメイトと話し合いながら進めていきます。スポーツを通して、チームワークだけでなく、コミュニケーション能力も養っていきます。

学びと関連深い資格・検定 キンボールスポーツリーダー・ソフトバレーボールリーダー

心理をよむ / 北見 由奈 講師

『心理をよむ』は、社会人基礎科目として開講されています。選択科目ですが、約140名の学生が受講しています。単に「心理学」を学ぶだけでなく、心理学において蓄積されてきた知見を理解しながら、今後の大学生活に活用できるようになることを目指します。具体的には、大学生活に必要なコンピテンスや適切な目標設定、ストレス対処方法などについて学びます。そのため、授業ではさまざまな実践的エクササイズも行います。

学びと関連深い資格・検定 こころ検定 3級、4級

教育課程論 / 原 圭寛 講師

『教育課程論』では、カリキュラムの種類や必要性、学習指導要領の成り立ちや週間・月間・学期間・年間といった各スパンでどのように計画を立てるか、といった点を学んでいきます。ただ理論を学ぶだけでなく、こうした理論を知らないとどのような事態に陥ってしまうか、これに代わる理論はないのか、といった点についてディスカッションを行い、より根本的な思考を鍛えていきます。
これと同時に、学生を4、5名のグループに分け、実際に中学・高校1学年の1学期分のカリキュラムを立て、発表を行います。これにより、理論と実践の結合を目指します。

学びと関連深い資格・検定 教員免許

時事ビジネス英語 / ブリントン・スタット 講師

『時事ビジネス英語』は、基礎の習得を終え、さらに英語力を高めたい学生を対象にしており、2つの目的を持っています。第一に語彙力を増やすこと、そして第二に、単なる語彙の記憶ではなく、学生の興味ある分野に沿いながらそれを高めていくことです。現在の授業でのトピックはインターネットです。インターネットの良い点・悪い点を資料の調査および議論を通じて学び、簡単な表現を用いて発表することを中心に学習しています。

学びと関連深い資格・検定 TOEIC(IP)・工業英検(4級・3級)・英検

英語コミュニケーション / 田口 英明 特任講師

『英語コミュニケーション』では、「聞く」「話す」「書く」の三技能をバランスよく強化し、日常的な場面で英語を活用できる基礎を定着させる授業を心掛けています。授業では、各テーブルを回りひとり1人の歩調に合わせて会話をし、コミュニケーション力を高めるようにしています。また、「自己の出身地の紹介」や「理想の週末」といったテーマで資料を用意し、グループで英語でのプレゼンテーションを行っています。

学びと関連深い資格・検定 TOEIC(IP)・工業英検(4級・3級)・英検

ページの先頭へ戻る