グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 研究・産学連携 > 研究センター

研究センター


本学には、それぞれの研究分野に関連する専門領域を持つ教員が、学科の枠を超えて統合・連携できる、最先端の研究・教育の拠点となる機関として研究センターが設置されています。大学全体の研究・教育水準を高めるとともに、新たな技術の開発を目指しています。

XRメディア研究センター

近年、バーチャルリアリティ(VR)や拡張現実感(AR)など、メディアの形態が大きく変わりつつあります。これらリアリティを追求する技術を総称してXR(クロス・リアリティ)と呼びます。 “X”は未知数を表し、今後もさまざまな技術が組み合わされる可能性を持っています。本センターでは、XR技術を駆使して、スポーツ、教育、エンターテインメントなど多様な分野への応用を考え、研究に取り組んでいます。
研究内容
◆ スポーツやゲームなど多様なエンターテインメントシステムの研究
◆ VR/AR技術における情報の提示・操作・入力手法に関する研究
■「学科横断型学修プログラム」担当センター

先進ロボット研究センター

労働力不足解消や高齢者介護などでロボット技術への期待が高まっています。神奈川県は「さがみロボット産業特区」の指定を国から受けており、藤沢地区は高齢者など向け生活支援ロボットの開発を担当。本学もこの特区に参加し、研究を行っています。また、宇宙開発や災害対策用ロボットの研究開発のほか、地域の大学・関連企業と協力したプロジェクト参加などにも取り組んでいます。
研究内容
◆ 高齢者見守りロボット ◆ 高齢者移動支援ロボット ◆ 宇宙ロボット ◆ 災害対策ロボット
■「学科横断型学修プログラム」担当センター

実験的空間デザイン研究センター

あらゆる空間デザインにおいて、新たな材料実験から3Dテクノロジーの応用、ロボティクスの活用、移動建築の可能性、メディアテクノロジーの導入、歴史解釈の刷新、宇宙建築の構想に至るまで、本学が所有する多彩な知と技術と感性を学科横断的に結集し、さらには学外の国際的に活躍するデザイナー・建築家なども随時招聘しつつ、その実験的な創造の提案・実作を目指します。
研究内容
◆ 建築材料としての砂 ◆ 空間リノベーション ◆ 風景の映像空間化 ◆ VR 空間実験 ◆ 実験建築実作

耐雷研究センター

落雷によって電力系統に発生する電圧・電流の現象解明や電気設備への雷被害をなくす適切な対策・施工の手法について研究開発を進めています。また、日本最大の落雷位置標定ネットワークシステムによる落雷データの活用研究を行っています。

研究内容
◆ 電力系統の耐雷に関する実験・シミュレーション ◆ インターネットを活用した落雷位置標定システムの構築・活用
◆ 接地の雷サージ現象の解明 ◆ 再生可能エネルギーにおける耐雷設計
主な設備
◆ 1,050kVインパルス電圧発生装置
◆ 60kAインパルス電流発生装置
◆日本全国に設置した落雷観測システム

AI研究開発センター

近年の高度情報化に伴い、人工知能(Artificial Intelligence /AI)や大規模データ解析など、コンピュータを用いた高度な情報処理技術が注目されています。本センターでは、AIや機械学習、情報理論などを用いた手法の開発・活用法について広く議論、検討を行っています。また、各教員の専門知識の融合による新たなAI技術、データ解析手法の構築・提案を目指しています。

研究内容
◆ 統計的機械学習を用いた大規模データ解析手法に関する研究 ◆ 人工知能技術を用いた生活支援に関する研究
◆ 知的なアルゴリズムを用いた最適な条件の探索に関する研究 ◆ 人工知能や情報理論のアルゴリズムおよび基礎理論に関する研究
■「学科横断型学修プログラム」担当センター

IoT先端融合センター

無線・センサデバイス・AIによる解析・分析・ブロックチェーン・アクチュエータなどのIoT技術開発と人間とその活動を扱う総合的なライフサイエンス研究を行います。生物工学、心理学、金融・経済、芸術・エンターテインメントまでも含めた異分野融合した研究拠点です。さらに、IoTの理解を深め、その活用力を磨くActive Engineering Learning (AEL) の研究も行います。

研究内容
◆ IoTを進める通信・センサデバイスとスマート制御研究 ◆ IoTを進めるデータ保存・分析・解析とスマート情報処理研究
◆ IoTを活用するライフサイエンス研究 ◆ IoTの理解と活用を進めるアクティブエンジニアリングラーニング
■「学科横断型学修プログラム」担当センター

湘南サーフボードリサーチセンター

サーフボードの設計・製作から試乗・検証までを行います。生態系に配慮した素材や、リサイクル素材を含むFRP(繊維強化プラスチック)などを使用。材料の特性を研究するとともに、サーフボードシェイピングマシンによる精密な製作により、性能とデザイン性の両面を追究しています。

新エネルギー研究センター

電気は大量に貯めておけないため、需要に応じて発電量が調整されています。地球環境に優しい自然エネルギー比率の増加は必須であり、貴重な電力を無駄なく有効に使用するための研究を進めています。

ページの先頭へ戻る