グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 学生生活 > 学生支援制度 > コミュニケーションサークル(CC)制度

コミュニケーションサークル(CC)制度


コミュニケーション・サークル(CC)制度とは

本学では、単科大学ならではの特性を活かした少人数できめ細やかな対応により、学生一人ひとりと向き合った指導をしています。
CC制度によって、入学後すぐに少人数の学生グループが作られ、担当する教員が決まります。履修する授業科目の選択方法から将来の進路まで、学生生活全般に関する相談に教員が指導やアドバイスをします。
また、学生同士の情報交換をする場でもあり、友達をつくるきっかけにもなっています。共同製作をしたり、フットサル大会やバーベキュー大会、美術館・水族館の見学などのイベントを学科ごとに企画して親睦を深めています。

CC制度の目的

新入生と教員がコミュニケーションを図ることにより、新入生が自発的に大学や自分の将来に対して明るい展望を持ち、大学における目的意識を明確にして学生生活を楽しめるようにすることを目的としています。

CC懇談会

学生の保護者が、CCの担当教員と個別に面談できる機会を設けています。入学して間もない5月には「CC懇談会」を開催し、大学生活に対する不安や疑問を早期に解消するため、新入生とその保護者を対象に個別面談します。
また、9月には全学生と保護者を対象に、多くの方が参加しやすいよう、本学だけでなく全国各地で「地区別懇談会」を開催します。個別面談では、教員が保護者に学生の普段の様子や単位の取得状況などを説明するので、学生生活全般だけでなく進路に関することまで相談できます。

保護者懇談会[ 5月(本学)/9月(全国5カ所)]

開催地 ・本学(神奈川) ・茨城 ・埼玉 ・長野 ・静岡
内 容 修学関係説明、 就職関係説明、 個別面談

ページの先頭へ戻る