グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 学生生活 > 学生支援制度 > SITチャレンジ制度

SITチャレンジ制度


SITチャレンジ制度は、学生の自主的・能動的な課外活動を通して学内活性化、並びに地域や社会への貢献に関する創造性を育成することを目的
としています。学生の企画に対して教員が指導し、大学が資金面、施設・設備面から応援します。

2016年度 特別助成団体

鳥人会コンテスト選手権大会出場

滋賀県・琵琶湖で行われる人力飛行機競技会「鳥人間コンテスト選手権大会」に、過去6回目の出場を果たしています。2012年の第35回大会では、飛行距離を競う滑空機部門に挑戦。機体は翼断面形状を採用し、翼後縁をカーボンシートで固めるなど多くの改良を加えて臨みました。
今年は、実機によるテストフライトやパイロットの技術向上に努め、来年の大会に向けて良い記録が残せるように取り組んでいます。

原付車両の燃費の研究と大会(エコラン)参加

毎年9月に開催される「本田宗一郎杯Honda エコマイレッジチャレンジ」の市販車クラスへの参加を目的に活動しています。第29回大会での優勝をはじめ、毎年、上位入賞の好成績を収めてきました。
今年は、過去の大会に基づく経験と研究の成果からバイクの改善、改良をはかり、更なる飛躍を目指して活動しています。

ロボットコンテスト上位入賞プロジェクト

SITレーシングプロジェクト

2016年度 一般助成団体

  • TRONSHOWへの出展
  • 国際会議ICCE-TWへの参加
  • ACM国際大学プログラミングコンテスト参加
  • MR・VR学習ツール用ジオラマの学生による製作プロジェクト
  • インタラクションシステムを用いた新型エンタテイメントの実施
  • 国際航空宇宙会議(メキシコ)での宇宙エレベータ技術の講演発表
  • 大学合同ワークショップへの参加
  • 国際会議NOLTA2016(Yugawara Japan)への参加
  • アーク放電加熱式ボイラー熱源部の研究・開発
  • HCGシンポジウム2016での発表と参加

ページの先頭へ戻る