グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教育理念 > カリキュラムポリシー

カリキュラムポリシー


教育課程の編成方針
(カリキュラムポリシー)

ページ内目次


学部

湘南工科大学は、学生が4年間の学修によって学位授与の方針に掲げる3つの能力をバランスよく身につけられるように、教育課程を以下に示す3つの科目群から編成する。編成においては、各科目の教育目標および相互の関連を明確にし、系統的な学修をおこなえるよう配慮する。また、アクティブラーニングを積極的に導入し、学生の主体的に学ぶ力を向上させる。

  • 学士にふさわしい教養と汎用的能力を身につけるための全学共通科目として、「大学と社会」「社会のしくみ」「人間と心」「国際社会」「環境・生命・科学」「基礎教養」「外国語」「健康とスポーツ」「IT基礎」「数学・自然科学」の各分野からなる「共通教養科目」を置く。

  • 科学技術が現代社会で果たす役割を学びながら、汎用的能力を伸ばす全学共通の専門科目として「総合工学科目」を置く。

  • 専門知識や技術を基礎から応用まで学び修得するための科目として、各学科の教育課程に「専門基礎科目」「専門発展科目」を置く。

大学院

博士前期課程

ディプロマ・ポリシーが要求する諸能力を身につけるために、以下の方針でカリキュラムを編成する。
  1. 幅広い講義科目を準備し、専門分野における十分な基礎知識と高度知識を教授する。
  2. 個別指導のもと、専門分野における課題を発見させ、解決方法を自ら見出させ、計画的に研究開発を遂行させる。
  3. 研究開発の成果と知見を論理的に記述した修士論文をまとめ、その内容を学外発表または公表できるように、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を身につけさせる。

博士後期課程

ディプロマ・ポリシーが要求する諸能力を身につけるために、以下の方針でカリキュラムを編成する。
  1. 高度な講義科目を準備し、専門分野における高度かつ最先端の知識を教授する。
  2. 個別指導のもと、専門分野における社会的かつ学術的な高度な課題を発見させ、解決方法を考案させ、学部学生や博士前期課程学生を指導して計画的に研究開発を遂行させる。
  3. 高度な研究を行わせ、成果と知見を論理的に記述し学術論文にまとめ、学会等で発表・討議する能力を身につけさせる。

ページの先頭へ戻る