グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 総合文化教育センター > 榊 淳一 准教授

榊 淳一 准教授


[研究テーマ]
野球選手の認知過程、情報獲得に関する研究

[主な担当科目]
スポーツ基礎A(ニュースポーツ他)、シーズンスポーツ

野球選手の認知過程、情報獲得に関する研究

野球ではプレーとプレーの間に「間(ま)」があります。その間に選手はさまざまな情報を獲得し、処理しプレーに備えることができます。しかし、プレーはほんの一瞬です。その一瞬でも選手は情報を獲得し、どうするかを判断、決断しているのです。その一瞬の出来事の中身を深く考えていく研究を行っています。

取得学位

体育科学(修士)

主な研究業績

<著書>
  1. 教養としてのスポーツ・身体文化 改訂版(2005年5月 大修館)「第3章スポーツ種目を考える 2野球・ソフトボール を担当」

<研究論文> 
  1. 野球のバッティング時の認知過程に関する研究(2002年12月 東京体育学研究)
  2. 高校野球における試合での選手の情報獲得に関する基礎的研究(2004年12月 東京体育学研究)

趣味

読書、犬の散歩

ページの先頭へ戻る