グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > ふじさわ元気バザールにコンピュータ応用学科 橘研究室が出展

ふじさわ元気バザールにコンピュータ応用学科 橘研究室が出展


10月31日(土曜日)・11月1日(日曜日)、本学のコンピュータ応用学科の橘俊宏研究室が、「ふじさわ元気バザール2015」に出展します。

同イベントは、藤沢市の有する豊かな人的・物的資源を活用した市民が主役の産業振興の新しい試みです。地元事業者による商業・工業・農水産業・観光産業と、あらゆる産業が一体となって市内経済の活性化を図ることを目的に実施されるものです。主催はふじさわ元気バザール実行委員会。

今回、橘研究室は、藤沢市、同実行委員会と共同で「ふじさわ元気バザール」のスマートフォン用のアプリを開発しました。同アプリは、iPhone版とAndroid版があり無料で提供されます。対象店舗に掲載されるポスターにスマホをかざすと、AR(拡張現実)技術により公式キャラクター・ふーちゃんの3D画像を見ることができます。また、出展者の店舗紹介やクーポン券の発行、ふーちゃんのゲームが利用できます。
研究室の学生たちは、企画から制作まで約5カ月をかけて作り上げました。

当日は、アプリのゲームを体験できるスペースも用意しています。誰でも楽しく参加できるイベントですので、皆さん、ぜひご来場ください。
ふじさわ元気バザール2015
日 時 2015年10月31日(土曜日)、11月1日(日曜日)
10時00分~16時00分
場 所 藤沢駅北口サンパール広場(日曜日のみ北口通り線も使用)
内 容 飲食ブースや市内事業者による製品の展示・販売
市内産野菜や水産加工品などの販売
藤沢マイスターブース ほか

「ふじさわ元気バザール」アプリ

<Android版>

<iOS版>

ページの先頭へ戻る