グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > 成田研究室の研究が電気学会論文誌に紹介されました

成田研究室の研究が電気学会論文誌に紹介されました


2016年11月1日、電気電子工学科 成田知巳教授の研究室が進める研究内容などが、電気学会論文誌B(電力・エネルギー)に掲載されました。

今回、紹介された内容は、電力設備への落撃現象の解明や送電線保守の高度化など、同研究室の強電系分野に興味のある学生たちが、熱心に取り組んでいる研究の概要や今後の展望などです。

また、同誌には、成田教授の論文「66kV-154kV送電鉄塔におけるカラスの巣の実態と対策評価」も掲載されました。


掲載記事
研究グループ紹介:湘南工科大学 工学部 電気電子工学科 成田研究室(電気学会論文誌B Vol.136(2016) No.11)
論文「66kV-154kV送電鉄塔におけるカラスの巣の実態と対策評価」


関連記事
成田知巳教授がTBSとフジテレビの情報番組に出演しました(2016.10.17)
成田研究室、落雷位置の研究が電気新聞に掲載されました(2016.7.25)

ページの先頭へ戻る