グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > 森准教授の電動義手開発が日本経済新聞電子版で紹介されました

森准教授の電動義手開発が日本経済新聞電子版で紹介されました


写真右から、森准教授と共同研究者の岩田さん

2017年9月15日(金曜日)、電気電子工学科の森貴彦准教授が開発を進める「電動義手」が、日本経済新聞(電子版)と日経産業新聞で取り上げられました。

記事では、森准教授が岩田鉄工所(岐阜県羽島市)と共同で開発を進める、体に貼ったセンサーが皮膚のわずかな伸縮を感知することによって義手を動かすしくみや、今後の実用化に向けた構想などが紹介されました。

掲載記事
顔少し動かし義手自在に操作 湘南工科大、皮膚伸縮センサー感知

ページの先頭へ戻る