グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > 長沢研究室が制作した神崎遺跡のVR作品を初披露します

長沢研究室が制作した神崎遺跡のVR作品を初披露します


2017年11月3日(金曜日・祝日)・4日(土曜日)、綾瀬市の神崎遺跡公園で開催される「国指定史跡神崎遺跡の環濠公開」において、コンピュータ応用学科の長沢研究室がCG技術により復元させた神崎遺跡のVR作品を披露します。

同作品は、長沢研究室が綾瀬市から依頼を受けて制作を進めてきたもので、約1800年前の弥生時代の環濠集落をCG技術で再現したものになります。長沢研究室では、これまでにも文化財のIT化の一環として、鎌倉・永福寺(ようふくじ)を復元させ、アプリやVR作品を公開してきました。

当日は、弥生時代を再現したVR作品の体験会を行うほか、遺跡を実際に掘り返しての一般公開、古代住居の展示などを行います。

歴史へのロマンをかきたてるバーチャルな世界を体験することができますので、ぜひご来場ください。
国指定史跡 神崎遺跡の環濠公開
開催日時 2017年11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日) 9時00分~15時00分
会  場 神崎遺跡公園
神崎遺跡資料館(VR体験会)

ページの先頭へ戻る