グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 総合文化教育センター > 田口 英明 特任講師

田口 英明 特任講師


[研究テーマ]
日本経済思想史:江戸時代の民間人の経済に対する考え方の研究
中小企業経営:特にサービス業を中心に

[主な担当科目]
共通基盤ワークショップ1(中小企業について考えてみよう)、英語リテラシー、英語コミュニケーション

日本経済思想史/中小企業経営

  1. 江戸時代の民間人、特に名主がいかに家や村といった組織を運営していったのかについて、とりわけ意識・思想の側面に焦点をあてて研究しています。
  2. 民間における英語教育を実践する中小サービス業の課題を浮き彫りにし、その解決への方策を考え実践しています。

取得学位

学士(経済学)慶應義塾大学
修士(経済学)慶應義塾大学

主な研究業績

<著書>
  • (共著)小室正紀編著『幕藩制転換期の経済思想』慶應義塾大学出版会、2016年。
    担当章:田口英明「伊能忠敬の経営観と家―文化期の書簡から」

<論文>(査読付)
  1. 田口英明「伊能景利の自己認識と村役人像―享保期在町役人における『治者』意識の形成」『日本経済思想史研究』第11号、2011年6月、pp.1-21。
  2. 田口英明「元禄・享保期在町上層民の紀行文と社会経済観―下総国香取郡佐原村伊能景利の事例によせて」『日本経済思想史研究』第19号、2019年3月刊行予定。

趣味

グリーン車での読書

ページの先頭へ戻る