グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 教員情報 > 総合文化教育センター > 是石 直文 講師

是石 直文 講師


[研究テーマ]
長距離走の走フォームに対する、トレーニング効果

[主な担当科目]
生涯スポーツ論、スポーツ発展、共通基盤ワークショップ1

長距離走の走フォームに対する、トレーニング効果

「走る」ということは、とても単純な動作です。その「走る」ことにおいて、フォームは技術的要因の多くを占めます。特に長距離走は競技時間も長く、技術的要因が大いに関係していると考えます。その走フォームについて、トレーニング方法との関係を研究し、指導現場に活かすことをテーマとしています。

取得学位

体育学修士

主な研究業績

<研究論文>
  1. 長距離ランナーに対する短距離的トレーニングの効果 -身体合成重心に着目して-(2007年2月 東京体育学研究)
  2. 長距離走における記録向上が、走フォームに及ぼす影響について –男子高校生を例に-(2014年3月 湘南工科大学紀要)
  3. 低体力レベルにある県の体力・運動習慣に関する基礎的研究(2015年3月 湘南工科大学紀要)
<指導実績>
全日本競歩高畠大会 高校男子10km 優勝
全国高等学校総合体育大会 男子5000mW 5位
神奈川県高等学校記録樹立 男子5000mW
関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会 800m・5000m等複数回入賞 等

趣味

読書

ページの先頭へ戻る