グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > 8月7日に綾瀬市議場でプロジェクションマッピングを上映

8月7日に綾瀬市議場でプロジェクションマッピングを上映


2019年8月7日(水曜日)、コンピュータ応用学科の長沢可也教授の研究室が制作したプロジェクションマッピング「動物議会」を綾瀬市議場で上映します。

作品は、綾瀬市の国指定史跡「神崎遺跡」を紹介するもので、同市マスコットキャラクターのあやぴぃを案内役にさまざまな動物が議会さながらに討論する構成になっています。
制作には、長沢研究室の学生および有志8人が携わり、7月26日には事前上映も行いました。

子どもたちが、同市の歴史に触れやすい作品になっていますので、興味のある方は事前にお申し込みのうえ、ご参加ください。

本学は、2018年3月に綾瀬市と文化財活用事業に関する連携・協力協定を締結し、本学の有する情報技術・設備などを活用し、協働して事業の推進を図るとともに文化財愛護の精神の啓発に役立てられるよう活動しています。
動物議会(プロジェクションマッピング)
開催日時 2019年8月7日(水曜日) 1回目:13時30分から/2回目:14時30分から
会 場 綾瀬市議場(綾瀬市早川550番地)
内 容 議場内でプロジェクションマッピングにより動物たちが「神崎遺跡」などについて議論。
傍聴席で見学/議会事務局職員による議会制度の説明/湘南工科大学 長沢教授によるプロジェクションマッピングの説明/動物議会の上映/同時開催の文化財企画展を見学
定 員 小学生以上 各回50人(先着申込順)
申込先 綾瀬市教育委員会 教育部 生涯学習課 市史文化財担当
電話番号 0467-70-5637

ページの先頭へ戻る