グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > 森准教授の研究が読売新聞「研究最前線」で紹介されました

森准教授の研究が読売新聞「研究最前線」で紹介されました


2020年1月23日(木曜日)、本学電気電子工学科の森貴彦准教授の研究が、読売新聞「研究最前線」に掲載されました。

森准教授は、企業と共同で「皮膚センサー型電動義手」の開発を行っています。わずかな皮膚の動きをセンサーが感知し、信号に変えて動かす仕組みの義手で、従来の「筋電義手」に比べて皮膚のわずかな動きに反応できるので、筋肉量が少ない部位にセンサーを付けても動かすことができます。現在は、医療機関と連携して患者を対象とした研究を開始し、実用化を目指しています。

記事内では、研究内容をはじめ今後の展望、また、新たな研究への取り組みについても紹介されました。

ページの先頭へ戻る