グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > ウィンドサーフィン同好会の川村さんが鎌倉学生選手権で入賞

ウィンドサーフィン同好会の川村さんが鎌倉学生選手権で入賞


2020年1月19日、神奈川県鎌倉市材木座海岸沖で開催された「鎌倉学生選手権」のエキスパートクラスに出場した、本学ウィンドサーフィン同好会の川村航一さん(機械工学科2年)が5位入賞しました。主催は、日本ウインドサーフィン協会。

同大会は、関東学生連盟に在籍する1年目までの選手が出場できるビギナーズクラスと、在籍3年目までの選手が出場するエキスパートクラスに分かれて競われるもので、ビギナーズクラス74人、エキスパートクラス76人の選手が参加しました。18日は雪まじりの悪天候による視界不良のためレースが中止となり、19日のみで大会が決行されました。

昨年、川村さんは同ビギナークラスに出場し、全4レースですべて1位を獲得して優勝しました。学年が上がり、エキスパートクラスへの出場となった今回は、東京オリンピックの候補選手や「全日本学生ボードセーリング選手権」(2019年11月開催)で優勝、準優勝した選手など全国レベルの選手たちとともに競い合いました。

川村さんは「今大会は、12月開催が1カ月延期されて行われましたが、世界で戦っている選手をはじめ、全国トップレベルの速い選手たちが参加しており、楽しくレースに挑むことができました。風は1~5mの若干苦手な風域が混ざるものでしたが、トップレベルの選手たちと近い位置で走ることができ、自分としては十分すぎる結果を出せたと思っています」とレースを振り返ります。「レース中は、トップレベルの選手たちを、1レースでも抜かしてフィニッシュすることを目標に臨みました。理想的に全4レースを展開することができたことが、入賞につながったと思います」とも。

エキスパートクラスでも活躍する川村さんに期待が寄せられます。

ページの先頭へ戻る