グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > ニュース&トピックス > 岡崎教授の論文がESS-NLSソサイエティ誌に掲載されました

岡崎教授の論文がESS-NLSソサイエティ誌に掲載されました


2020年7月1日、本学コンピュータ応用学科 岡崎秀晃教授の解説論文が、電気情報通信学会のESS-NLSソサイエティ誌(Fundamentals Review:FR)第14巻 第1号に掲載されました。

論文テーマは「飛行形ドローンのモータ故障問題」。飛行形ドローン(マルチロータ)における、モータの完全な故障問題に注目し、マルチロータのモータ故障問題の研究成果を紹介するもので、オイラー角の状態変数アプローチに基づいた、動作点(平衡点)とモータ完全故障時の墜落回避飛行状態の関連性の研究についても述べています。

飛行形ドローンのモータ故障問題
岡崎 秀晃、磯貝 海斗

電子情報通信学会 ESS-NLSソサイエティ誌(Fundamentals Review:FR)第14巻 第1号

ページの先頭へ戻る