グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



  1. ホーム
  2.  >  ニュース
  3.  >  山梨県北杜市との連携プロジェクトで4輪アシストサイクルを開発

山梨県北杜市との連携プロジェクトで4輪アシストサイクルを開発


湘南工科大学(神奈川県藤沢市)は、機械工学科と総合デザイン学科の4研究室合同で、4輪アシストサイクルを開発しています。これは、山梨県北杜市の依頼を受け、八ヶ岳山麓に点在する縄文遺跡群を巡る観光ツアーでの利用を想定して進めているプロジェクトで、3月24日に北杜市役所において試作車を公開しました。


■本件のポイント
・産官学連携による、観光ツアーでの利用を想定した環境にやさしい乗り物の開発
・受注から製作、納品までを体験する工学分野の実践的な学び


山梨県北杜市周辺は縄文遺跡が点在しており、2018(平成30)年に「星降る中部高地の縄文世界-数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅-」として文化庁の「日本遺産」に認定されています。
湘南工科大学は、2021年1月に北杜市より依頼を受け、縄文遺跡群を巡る観光ツアーでの利用を想定した乗り物の開発プロジェクトをスタートしました。

株式会社オーテックジャパン(神奈川県茅ヶ崎市) デザイン部をアドバイザーに迎え、全体のスタイリングやデザインコンセプトは総合デザイン学科が、車両の設計・構造解析・製作は機械工学科が主に担当。
「安全安心に乗りたい」「ここにしかないリアルな体験を楽しみたい」「オリジナリティーあるデザイン」の3つのニーズを踏まえてコンセプトや仕様を決定し、オンラインで3D-CADデータを共有しながら工程を進めました。
エンジンも燃料も必要がなく、二酸化炭素も出さない電動アシストサイクルは、環境に優しい次世代の乗り物として見直されています。また、インバウンド需要も視野に、外国人観光客でも気軽に楽しめるよう免許不要で一般道の車道を走行でき、親子などでの二人乗りも可能な仕様になっています。
実走試験を重ね、2023(令和5)年度の実用化を目指しています。

3月24日の北杜市役所における試作車公開の様子は、以下の番組でも紹介されました。
UTYテレビ山梨「スゴろく」
UTYテレビ山梨公式YouTube

■関連記事
野中准教授が4輪アシスト車の開発をWebイベントで紹介
4研究室合同で環境に優しい四輪アシストサイクルを開発
page top